カナダ

CA886 - カナダの情報政策サミット / 亀田邦子

ゴア副大統領が上院議員だった頃に手がけた法律に“High Performance Computing Act of 1991”がある。21世紀の高度情報化社会に向けて,情報インフラの整備を目的としたこの法律により,次世代の通信ネットの核となるNREN(全米研究教育ネットワーク)が構築されようとしている(CA857参照)。この隣人…

E240 - 図書館界の戦略としてのオープンアクセス

大学図書館や国立図書館等で構成されるスコットランド大学研究図書館連合(SCURL)科学情報戦略ワーキンググループは8月,「スコットランドオープンアクセス宣言」の草案を公表した。宣言案では,OAの公共性と影響力の大きさを評価し,研究助成団体は助成の条件として研究成果のOA化を設定…

CA833 - カナダにおける「図書館の自由」への圧力 / 本吉理彦

Censorshipという言葉は,日本では一般に検閲[制度]と訳されるが,これは単に公的な権力による強制的な文書,出版物等の検査,統制だけを意味するわけではない。個人の情報へのアクセスを阻もうとする圧力一般をさすものであり,資料収集,利用制度などの図書館の運営に対する圧力を含む…

E226 - カナダ図書館・公文書館が発足

このたび発効した法律には,新たにオンライン出版物を納本の対象とする規定のほか,カナダの代表的なウェブサイトを抽出して収集することを可能とする規定も含まれている。Ref:http://www.libraryjournal.com/article/CA426219http://www.collectionscanada.ca/5/11/a11-400-e.htmlhttp://www.collectionscanada.ca/consultation/index-e.htm

E209 - ナショナルサイトライセンス計画で非営利法人を設立(カナダ)

CNSLPは,従来州や地域単位で組織されていた複数のコンソーシアムを統合したナショナルサイトライセンスの計画である。カナダ発明基金,地方政府およびCNSLPに加盟する国内64の大学から出資を受け,2,200以上の学術雑誌を含む研究用データベースを,65万人を超える大学研究者や学生がオンライ…

E184 - 米国とカナダを架ける,国境上の図書館サービス

国境上というおそらく世界でも類がない立地には,両国の文化発信の中心地としたいという意思がこめられている。また同館の館員によると,開館時の1910年にはまだ国境線が曖昧だったため建てることができたが,現在同じ条件の建築は許可されないだろうという。バーモントとケベック両州か…

E150 - 米・カナダにおける視覚障害者等への電子情報サービスの展開

一方,米国では,イリノイ州立図書館が州内の録音図書センターと協働して,読むことに障害を持つ人たちを対象に「情報の目(Info-Eyes)」というウェブサイトを11月3日に開設した。インターネットやデータベースの使い方,情報の探し方の援助や読書相談を行ったり,QuestionPoint(CA1476参照)の…

E103 - 危機に直面するカナダの学校図書館

カナダの学校図書館の活動はモデルケースとして紹介されることが多いが,近年の予算削減により,十分な蔵書が維持できなくなっており,また司書教諭がポストを失ったり配置転換されるなど,その環境が悪化しているという。同書は,学校図書館の充実が児童・生徒の学力向上,読書の推進…

E095 - 加公共図書館による貸出本の郵送サービス

往復の郵送料は図書館が負担する。リテラシー教育の発展のために,同サービスにかかる郵送料金は通常より安い金額に設定されているという。サービス開始後の3か月で,同館のウェブサイトの利用は30%増加した。今年の3月9日から1週間,同サービスの宣伝のためのキャンペーンが行われたこ…

ページ