子ども

本を読むのが困難な子どものための読書空間(オランダ)

オランダでは、身体的な障害やディスレクシア(失読症、識字障害)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、オランダ語が母語でない等の理由で読書を行うのが困難な子どもと、その親・教師をサポートするための読書空間“Easy Reading Plaza”が、いくつかの図書館に設置されているそうです。この“Eas…

旧帝国図書館建築100周年記念サイト

現在、国際子ども図書館が使用している建物は、もともと1906(明治39)年に帝国図書館として建てられた建物を改修・再利用したものです。この帝国図書館の建築から100周年を迎えた今年2006年、『旧帝国図書館100周年記念行事』を行うこととなり、そのウェブサイトが開設されました。旧帝国図…

図書館のPCが電子政府に貢献(米国)

米国ペンシルベニア州では、19歳までの子どもに対し無料または安価に医療保障を提供するプログラムを実施していますが、広報のため、州内の700の公共図書館のPCに、このプログラムを紹介するウェブサイトを宣伝するステッカーを貼ってもらうよう依頼しました。その結果、1か月に100万件以…

犬だけでなく猫も聞き手に(米国)

米国のいくつかの公共/学校図書館で、子どもが緊張せず、失敗を恐れないで本を音読できるように、犬を聞き手にして練習する教育プログラム“R.E.A.D.”(Reading Education Assistance Dogs)が行われていますが、デラウェア州では犬ではなく猫を聞き手にしている図書館もあるそうです。Reading room tail…

DOPAが米議会下院を通過

学校や図書館から子どもがソーシャルネットワークサイト(SNS)にアクセスすることを禁止する法案“Deleting Online Predators Act”(DOPA)が米議会下院で通過したことが、ALAのプレス・リリースで明らかになりました。これに対しALAのLeslie Burger会長は、失望のコメントを出しています。ALA disappointed b…

群馬県立図書館、「子どもと本をつなぐ図書館ガイドブック」を公開

群馬県立図書館が、「子どもと本をつなぐ図書館ガイドブック(改訂版)」を公開しています。図書館の利用方法、読み聞かせ・ブックトーク・ヤングアダルトサービスの紹介、子どもの本の探し方などに加え、県内各市町村立図書館が児童書や紙芝居を何冊所蔵しており、どのような子ども向…

国立子ども青少年図書館のプロモーション動画(韓国)

6月28日に開館した韓国国立子ども青少年図書館のプロモーション動画が、国立中央図書館のウェブサイトで公開されています。ただし韓国語のみです。国立中央図書館ニュース(※日付が(2006/07/14)となっているものが、国立子ども青少年図書館のプロモーション動画です。)http://www.nl.go.kr/news

デジタルコンテンツで異文化理解を!

ユネスコは、多文化環境にある子ども・青少年が、デジタルコンテンツの作成を通して異文化の価値を学び、全世界的な問題を共有できるようにするという“Young Digital Creators”イニシアチブを進めています。このイニシアチブを進めるための、教師・教育者向けのキットが、ウェブサイトで公開…

E514 - よくわかる公文書講座−国立公文書館の子ども向けウェブサイト

公文書というと,大人でさえ「難しい」「よくわからない」と思いがちである。そんな公文書,特に歴史資料として重要な「歴史公文書」について子どもにもわかりやすく解説するウェブサイトを,国立公文書館が7月3日に開設した。名称は「ぶん蔵」,公文書の研究者「ぶん蔵博士」や公文書…

公共図書館でロック!(米国)

十代の子どもたちの読書を推進するために、公共図書館でロックのコンサートをするバンドがいるそうです。50-library tour by a rock bandhttp://features.lisnews.org/article.pl?sid=06/07/12/2055211Libraries Rock!http://ypulse.com/archives/2006/07/libraries_rock.php

ページ