子ども

菊陽町図書館(熊本県)、「親子で学ぶ!「ポケモンGO」の遊び方」を開催:ポケストップやジムになっている町内の文化財マップも配布

2016年10月16日、熊本県の菊陽町図書館で「親子で学ぶ!「ポケモンGO」の遊び方」が開催されます。

ポケモンGOの安全な遊び方に関する展示が行われるほか、「ポケモンGOの安全な遊び方講座」が開講され、講座の終了後には、図書館の隣の公園で実際に「ポケモンGO」で遊びます。

参加費は無料で事前の申し込みも必要ありませんが、公園で「ポケモンGO」で遊ぶイベントは天候により中止になることがあります。

あわせて、ポケストップやジムになっている町内の文化財マップが館内で配布されています。

親子で学ぶ!「ポケモンGO」の遊び方。(菊陽町図書館ブログ,2016/9/24)
http://kikuyo-lib.hatenablog.com/entry/2016/09/24/105552

参考:
米国での、ゲーム“Pokemon GO”と図書館(記事紹介)
Posted 2016年7月15日
http://current.ndl.go.jp/node/32086

群馬県高崎市、図書館を含む市有施設でのゲーム・ポケモンGO利用を禁止
Posted 2016年8月17日
http://current.ndl.go.jp/node/32334

米国議会図書館(LC)、2016年の“Library of Congress Literacy Awards”受賞団体を発表

2016年9月23日、米国議会図書館(LC)は2016年の“Library of Congress Literacy Awards”の受賞団体を発表しました。同賞は、米国や世界中のリテラシーや読書に関する取組を表彰するもので、慈善活動家David M. Rubenstein氏がスポンサーとなっています。2016年の受賞団体は以下の3つの取組です。

識字レベルの増加に顕著で、測定可能な貢献をし、識字の発展へのコミットメントに例外的で持続的な深さと幅が実証されている組織に授与される“David M. Rubenstein Prize” (15万ドル):米国の公共放送サービス(PBS)に加盟するWETAが提供する、子どもたちが字を読む方法、多くの子どもたちが苦労する理由、大人たちがどのように手助けをできるかなどといったことに関する情報やリソースを提供するイニシアティブ“Reading Rockets”

識字やリテラシーの重要性について国民の意識を高めることに重大かつ測定可能な貢献をした団体に授与される“The American Prize” (5万ドル):1週間に2回、2年間にわたって子どもたちの家族のもとへ早期リテラシー教育の専門家が訪れ、親子間のやり取りの重要性を教えるなどといった取組を行う“Parent-Child Home Program”

米児童図書館サービス部会(ALSC)、“Great Websites for Kids”に新たに11のウェブサイトのリンクを追加

2016年9月16日、米国図書館協会(ALA)の児童図書館サービス部会(Association for Library Service to Children:ALSC)が、14歳以下の子ども向けの優れたオンラインリソースを紹介するポータルサイト“Great Websites for Kids(GWS)”に、新たに11のウェブサイトへのリンクを追加したことを発表しています。

11のウェブサイトのうち5つがSTEM分野(科学、技術、工学、数学)に関するものとなっています。

ALSC selects eleven more Great Websites for Kids(ALA, 2016/9/16)
http://www.ala.org/news/press-releases/2016/09/alsc-selects-eleven-more-great-websites-kids

米国ニューメディア・コンソーシアム(NMC)等、「ホライズン・レポート」の2016年、K-12版を公開

米国ニューメディア・コンソーシアム(NMC)が、CoSN(the Consortium for School Nerworking)と協力して、2016年のK-12版の「ホライズン・レポート」を公開しています。

このレポートは、K-12の教育技術の採用を促進する主要な傾向、K-12の技術採用を妨げる重要な課題、K-12の教育のための教育技術の重要な発展の3部で構成されており、教育者、学校のリーダー、管理者、政策者、技術者が参照でき、かつ、容易な技術的な計画の案内として構成されています。

CoSNのウェブサイトでは、登録することでツールキットをダウンロードできます。

NMC and CoSN Release the Horizon Report > 2016 K-12 Edition & Toolkit(NMC)
http://www.nmc.org/nmc-horizon-news/nmc-and-cosn-release-the-horizon-report-2016-k-12-edition-toolkit/

NMC/CoSN Horizon Report > 2016 K-12 Edition(NMC)

住友商事株式会社、ミャンマーのドーキンチー財団に移動図書館車3台を寄贈

2016年9月14日、住友商事株式会社は、6月にミャンマーのドーキンチー財団に移動図書館車3台を寄贈したことを発表しました。

ドーキンチー財団は、ミャンマーにおける健康、教育、生活水準の向上などを目的とし、アウンサンスーチー氏によって設立された非営利団体です。同財団による移動図書館はミャンマーの学生・生徒などに利用されています。

寄贈された移動図書館車は、主に地方農村地帯を定期巡回する予定となっています。

ミャンマーのドーキンチー財団(DKKF)へ移動図書館車両を寄贈(住友商事株式会社, 2016/9/14)
http://www.sumitomocorp.co.jp/company/topics/20160831-01/

Mobile Library(Daw Khin Kyi Foundation)
http://dawkhinkyifoundation.org/projects/mobilelibrary/

参考:
ミャンマーに初めての移動図書館がオープン
Posted 2013年7月29日
http://current.ndl.go.jp/node/24028

新潟市がミャンマーにブックバスを寄贈:アウンサンスーチー氏から新潟市長へお礼の盾、届く
Posted 2014年8月22日

E1841 - 地域における読書活動推進のための体制整備に関する調査研究

 2016年6月,文部科学省は,2015年度の委託調査として株式会社浜銀総合研究所が行った「地域における読書活動推進のための体制整備に関する調査研究」の報告書を公開した。本調査研究は,次の2点を目的として実施された。

米国議会図書館所蔵資料の教育現場における活用を図る「ティーチャー・イン・レジデンス」の2016-2017年度の採用者が決定:今年度は幼稚園教諭を採用

2016年9月9日、2000年から行われている、米国議会図書館(LC)の所蔵資料の教育現場における活用を図る制度である「ティーチャー・イン・レジデンス」の、2016-2017年度の採用者に、ニュージャージー州マナラパンの幼稚園教諭・アンジェロ(Teresa St. Angelo)氏が選ばれたと発表されています。

低学年(early elementary)を担当する教師が選ばれたのは今回初めてで、アンジェロ氏は、K-2(幼稚園から2学年)を担当する教師用の一次資料のポートフォリオを作成することになります。

Library of Congress Selects Early Elementary Teacher-in-Residence(LC,2016/9/9)
http://www.loc.gov/today/pr/2016/16-163.html

眠っている硬貨を集めて本を買おう:国立子ども青少年図書館、全国の公共図書館、教保文庫、韓国書店組合連合会、韓国銀行による共同事業(韓国)

2016年9月9日から、韓国において、貯金箱1箱で児童書1冊を10%割引で購入できる「本の貯金箱」事業が始まっています。

国立子ども青少年図書館、大型書店・教保文庫、韓国銀行、韓国書店組合連合会、全国の公共図書館による共同事業で、自宅等で眠っている100ウォン硬貨を紙製の貯金箱一杯に集めると、教保文庫及び韓国書店組合連合会加盟の全国約1,000の書店で、児童書1冊をその価格の10%割引で購入することができるものです。

集まった硬貨は、教保文庫が、1箱あたり100ウォンを加算して、運営資金が厳しい「小さな図書館」等に書籍を寄贈することになっています。

同事業は、硬貨の製造コスト削減が課題となっている韓国銀行と、読書人口拡大に取組む教保文庫が、文化体育観光部と共同で行なっているもので、「本の貯金箱」30万個は、全国の公共図書館や教保文庫等で配布されます。

公共図書館では地域の書店情報も併せて提供されます。

숨은 동전 찾아, 책 친구 만나러 가자!- 한 권의 책으로 바뀌는 책 저금통 -(韓国・国立子ども青少年図書館,2016/9/8)
http://www.nlcy.go.kr/commu/press_view.jsp?board_seq=7861

児童・生徒の読書を推進するための7つのコツ(英国)

2016年9月6日付けの英国図書館情報専門家協会(CILIP)のブログで、ロンドンのArk Burlington Danes Academyの学校司書クローリー(Joel Crowley)氏が、児童・生徒の読書を推進するために自身が行なっている7つのコツを紹介しています。また、ブログの読者に対して、自身のコツをコメント欄に記入して情報を共有することを呼びかけています。

クローリー氏のコツは以下の通りです。

1.自身の読書に関する熱意を児童・生徒と共有する(Share your enthusiasm)。
2.児童・生徒の家族を巻き込む(Get the community involved (outside school))
3.学校全体で取り組む(Get the community involved (inside school))
4.読書好きの児童・生徒から友人への口コミ(Get students to spread the word)
5.読書習慣を身につけさせる(Help students to take ownership)
6.ブックトーク(Sell the story)
7.読書習慣が身についていない新入生に向き合うのを恐れない(Do not be afraid (to start at the very beginning) )

英国図書館情報専門家協会、「人生を変える図書館賞2016」の受賞候補として3プロジェクトを発表:今年のテーマは、住民の健康管理や生活改善のための活動

2016年9月5日、英国図書館情報専門家協会(CILIP)が、2016年の「人生を変える図書館賞」(Libraries Change Lives Award)の受賞候補プロジェクトを発表しています。

2016年は、住民の健康管理や生活改善のための活動を支援する図書館の事業が対象で、

・イングランドのノーフォーク図書館における、住民に対して地域の健康プロジェクトに関する適切な情報提供・アドバイス・ガイダンス等を行なう“Healthy Libraries”事業

・スコットランドのレンフルーシャーの移動図書館“Skoobmobile”における、学校、保育園や地域イベントでの、読書・遊び・運動を通じて子どもの健康福祉の向上を図る活動

・イングランドの“Sefton Library Service”における、地域の福祉関係団体と連携し、在宅の認知症患者に回想法を用いたケア活動を行なうとともに、語られた過去の生活の記録をアーカイブ化し、地元の図書館で利用可能としている事業

が受賞候補のプロジェクトとして発表されました。

受賞者は、2016年9月29日に発表されます。

Libraries Change Lives 2016 shortlist announced(CILIP,2016/9/5)

ページ