子ども

ランダムハウス社がFirst Bookに100万ドルを寄付

Frist Bookは、低所得層の子どもたちに自分だけの初めての新しい本を手に入れ、読む機会を与えてあげようという活動に取り組む米国の非営利団体ですが、このほど、米国の出版大手ランダムハウス社がFrist Bookに100万ドル(約1.1億円)の寄付を行ったそうです。出版社がこうした団体に寄付を行…

NSBAが子どものSNS・ウェブサイト利用について調査報告書を作成

全米教育委員会協会(NSBA)がこのほど、9歳から17歳の子どもを対象にして、彼らがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やウェブサイトをどのように利用しているかについて調査を行い、その結果を報告書(“CREATING & CONNECTING//RESEARCH AND GUIDELINES ON ONLINE SOCIAL – AND EDUCATIONAL - NETWORKING”…

IFLAダーバン大会へは児童書を持参で!

国際図書館連盟(IFLA)の2007年年次大会が、8月19日〜23日の日程で南アフリカ・ダーバンで開かれますが、この出席者に対し、1冊以上の児童書を持参するよう求めるアピールがIFLAから出されています。これは、南アフリカの図書館に直接貢献することを目的としており、集まった児童書は各図書…

ベネズエラの“ラバ図書館”

ベネズエラにあるMomboy大学は、驚くべき方法を使って、読書の喜びを僻地に住む人々に伝えています。その方法とは、家畜である“ラバ”を使った移動図書館です。2頭のラバは本を背負って、アンデスの険しい山をゆっくりと、しかし着実に越えながら、いくつかの集落を周ります。この移動図…

ハリー・ポッターシリーズは子どもの読書への興味を刺激したか?

ハリー・ポッターシリーズが世界的なベストセラーとなって以来、この物語の登場によって子どもたちは読書に興味を持つようになった、あるいは、それほど影響は及ぼしていないといった議論が各所で交わされています。このほど米国芸術基金(National Endowsment for the Arts)が行った調査による…

総務省、ICTメディアリテラシー育成プログラムを公開

総務省が、子どもが安全に安心してインターネットや携帯電話等のICTを利活用できるようICTメディアリテラシーを育成する小学校5・6年生向けプログラム「伸ばそうICTメディアリテラシー〈つながる!わかる!伝える!これがネットだ〉」を作成・公開しました。ティーチャーズガイド、授業用…

オランダ・ハーレム市立図書館の「本を読むことが困難な子どもたちへのサービス」紹介記事の日本語訳

「■E561■本を読むことが困難な子どもたちへのサービス,拡大中!(オランダ)」で紹介した、オランダ・ハーレム市立図書館によるサービスに関する4つの記事の日本語訳が、日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD)のウェブサイトで公開されています。ハーレム市立図書館(オランダ)の…

内閣府、「第5回情報化社会と青少年に関する意識調査」速報を公開

内閣府が、平成19年3月に実施した「第5回情報化社会と青少年に関する意識調査について」の集計速報を出しています。この調査では、満10歳から17歳までの小・中・高校生を含む青少年(全体では満29歳まで)に対し、インターネットや携帯電話の利用状況を尋ねるとともに、小・中・高校生の…

NAが子どもと作ったウェブコンテンツ“Prisoner4099”、アクセシビリティで評価される

英国公文書館(NA)のウェブコンテンツ“Prisoner 4099”が、アクセシビリティを評価され、表彰されたそうです。

このサイトは、1872年に2匹のウサギを盗んだことで刑務所に入ることになってしまった当時12歳の少年の記録を紹介するものであり、サイトの名称は、この少年の刑務所に付された番号にちなんでいます。

この“Prisoner 4099”の構築は、NAが、2004年から3年間かけ、視覚障害を持つ子どもたちのグループなどととともに、協同で進めてきました。ウェブサイトでは、NA所蔵の少年に関する資料だけでなく、子どもたちがつくった芝居の音声ファイル、またこのウェブサイト構築プロジェクトの紹介なども掲載されています。

The National Archives wins Jodi award for excellence in website accessibility
14 June 2007
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/162.htm

Prisoner 4099

たのしい読書 みんなで読書 みやざき本のページ

宮崎県立図書館が文部科学省の「新教育システム開発プログラム」に応募し採択されて作成した、子どもたちの読書活動を推進に資するコンテンツを提供するサイト「たのしい読書 みんなで読書 みやざき本のページ」が4月22日、オープンしました。たのしい読書 みんなで読書 みやざき本…

ページ