子ども

ジョージア、ノースカロライナでも子どものSNS利用を規制する法制の動き

米国ジョージア州とノースカロライナ州では、子どもは保護者の許可がないとソーシャルネットワーキングサービス(SNS)ページを作れないように、また保護者は常に子どものSNSページにアクセスできるようにすることをSNS運営者に義務付ける法案が提出されています。Three States and Feds Pursue Socia…

ALAワシントンオフィス、Second Life上で参加型ネットワークに関するイベントを開催

ALAワシントンオフィスは、1月9日Second Life上にオフィスを開設したことをアナウンスしていましたが、2月15日、初めてのイベントを行いました。このイベントでは、シラキュース大学のDavid Lankes氏が、先に発表していた"Participatory Networks: Libraries as Conversation"に関する報告を行うとともに、それに関…

DOPA法案、議会に再上程(米国)

第109米国連邦議会の閉会に伴い、廃案となった「学校や図書館から子どもがソーシャルネットワーキングサイト(SNS)にアクセスすることを禁止する法案」(Deleting Online Predators Act: DOPA)ですが、2007年1月4日に「21世紀の子どもたちを守る法案」(Protecting Children in the 21st Century Act:S49)の第2章と…

図書館でプレスリーを踊ろう!(米国)

米国ニューハンプシャー州で、2004会計年度の“Library of the Year”に輝いたウィギン・メモリアル(Wiggin Memorial)図書館が、“プレスリー(Elvis Presley)”をテーマに1月の子ども(幼児・就学前児童)向けお話会を行いました。この様子が、Exeter News-Letter紙で紹介されています。このお話会“ALL SHOOK…

ブルネイでも図書館員はベビーシッター?

ブルネイで、図書館が託児所代わりに使われている実態がレポートされています。親が働きに出ている間、幼い子どもに食べ物や食べ物を買うお金を持たせて、半日ほど図書館にいるようにさせているということです。中には、2歳ぐらいの子ども、病気の子ども、食べ物やお金を持たされていな…

児童生徒のためのポータルサイト『SchoolRooms』の評価に関する研究レポート

SchoolRoomsのユーザビリティと有効性に関する調査が公表されています。SchoolRoomsは、SirsiDynix社がINFOhioとともに開発を進めている、K-12の子どもとその親、及び教育関係者のためのポータルサイトです。司書教諭によって選定された情報源などからなっています。Report on the Usability and Effectiveness of Sir…

宇宙の魅力を子どもに伝えるために(カナダ)

カナダ図書館協会(CLA)とカナダ航空宇宙局(Canadian Space Agency)が共同で、子ども向けに宇宙の魅力を伝える本を紹介するブックリストのコーナーなどを備えたCanadian Space E-Libraryというサイトを公開しました。Canadian Astronaut and Space Shuttle Crew Inaugurate Space E-libraryhttp://www.cla.ca/top/releases/wnnov28b06.htmlC

同性愛ペンギンの絵本で学校図書館に巻き起こる波紋(米国)

米イリノイ州で、2匹の雄ペンギンがヒナを育てたという実話をもとにした絵本が、同性愛テーマの本であるとして、学校図書館から撤去するように、あるいは親のチェックが入るようなセクションに移すように、一部の保護者から要請を受けるという騒動が巻き起こっているそうです。Gay penguins…

ブルネイに新たなコミュニティ図書館

ブルネイで、来年5月に開館を予定している国内4番目のコミュニティ図書館(Community Library)の定礎式が行われました。約8,000㎡の建物には、閲覧室、視聴覚室などのほか、インターネット端末や、子どもの読書を促進するための児童コーナーも設置される予定です。New library to be built in Brunei Muara for …

13万7千冊の児童図書が寄付される(米国)

11月13日〜19日は、米国児童図書評議会(Children's Book Council: CBC)が主導する「児童図書週間」に当たっています。今年は、19の出版社の協力により、13万7千冊を超える児童図書が31の施設・機関に寄贈され、利用者に無料で提供されることになりました。このようなチャリティは、児童図書…

ページ