子ども

たのしい読書 みんなで読書 みやざき本のページ

宮崎県立図書館が文部科学省の「新教育システム開発プログラム」に応募し採択されて作成した、子どもたちの読書活動を推進に資するコンテンツを提供するサイト「たのしい読書 みんなで読書 みやざき本のページ」が4月22日、オープンしました。たのしい読書 みんなで読書 みやざき本…

子どもの健康に関する心配事トップ10に「インターネットの安全性」も(米国)

米国ミシガン大学の附属病院が2007年3月、18歳以上の成人2,076名(子どもがいない人も含む)に対して実施した「子どもの健康に関する心配事」調査の結果が発表されました。そのトップ10は、タバコ、薬物、肥満、飲酒などと続いていますが、第7位に「インターネットの安全性」も入っていると…

子ども読書の日記念「子どもの読書活動推進フォーラム」

4月23日は「子ども読書の日」です。文部科学省はこれを記念して、「子どもの読書活動推進フォーラム」を開催しています。読書活動優秀実践学校・図書館・団体の表彰のほか、絵本・童話作家のきむらゆういち氏の講演などが行われています。子ども読書の日記念“子どもの読書活動推進フォ…

イリノイ州図書館協会とMySpace、DOPA類似法案反対で共闘

図書館や学校のPCから、子どもがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)にアクセスできないようにする法案が、イリノイ州議会に提出されていますが、これに反対するイリノイ州図書館協会(ILA)の活動に、大手SNSのMySpaceが加わりました。ILAは4月19日、インターネットを安全に使うための…

子どもの読書活動優秀実践図書館表彰(文部科学省)

文部科学省が、平成18年度子どもの読書活動優秀実践図書館表彰として、各都道府県において子どもの読書を推進する活動が顕著に優秀と認められる公共図書館54館を選定しています。子どもの読書活動優秀実践図書館表彰について - 文部科学省http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/04/06041405/002.htm

子ども向け政府情報サイト(英国)

英国の政府情報サイト“Directgov”に、子ども向けサイト“DirectgovKids”ができました。なお、子ども用エリアだけでなく、親用、教師用のエリアもあります。DirectgovKidshttp://kids.direct.gov.uk/March 2, 2007付けResourceShelfの記事http://www.resourceshelf.com/2007/03/02/uks-directgov-launches-directgovkids/

BBCとIBM、画像/動画の検索で提携

英国放送協会(BBC)とIBM社が2007年3月5日、両社が提携し、BBCが提供している子ども向けコンテンツの画像・動画を、IBM社の技術“Marvel”によって最先端の方法で検索できるようにすると発表しました。BBC and IBM create strategic alliance to embrace the digital future - BBChttp://www.bbc.co.uk/pressoffice/pressreleases/stories

ジョージア、ノースカロライナでも子どものSNS利用を規制する法制の動き

米国ジョージア州とノースカロライナ州では、子どもは保護者の許可がないとソーシャルネットワーキングサービス(SNS)ページを作れないように、また保護者は常に子どものSNSページにアクセスできるようにすることをSNS運営者に義務付ける法案が提出されています。Three States and Feds Pursue Socia…

ALAワシントンオフィス、Second Life上で参加型ネットワークに関するイベントを開催

ALAワシントンオフィスは、1月9日Second Life上にオフィスを開設したことをアナウンスしていましたが、2月15日、初めてのイベントを行いました。このイベントでは、シラキュース大学のDavid Lankes氏が、先に発表していた"Participatory Networks: Libraries as Conversation"に関する報告を行うとともに、それに関…

DOPA法案、議会に再上程(米国)

第109米国連邦議会の閉会に伴い、廃案となった「学校や図書館から子どもがソーシャルネットワーキングサイト(SNS)にアクセスすることを禁止する法案」(Deleting Online Predators Act: DOPA)ですが、2007年1月4日に「21世紀の子どもたちを守る法案」(Protecting Children in the 21st Century Act:S49)の第2章と…

ページ