子ども

E514 - よくわかる公文書講座−国立公文書館の子ども向けウェブサイト

公文書というと,大人でさえ「難しい」「よくわからない」と思いがちである。そんな公文書,特に歴史資料として重要な「歴史公文書」について子どもにもわかりやすく解説するウェブサイトを,国立公文書館が7月3日に開設した。名称は「ぶん蔵」,公文書の研究者「ぶん蔵博士」や公文書…

公共図書館でロック!(米国)

十代の子どもたちの読書を推進するために、公共図書館でロックのコンサートをするバンドがいるそうです。50-library tour by a rock bandhttp://features.lisnews.org/article.pl?sid=06/07/12/2055211Libraries Rock!http://ypulse.com/archives/2006/07/libraries_rock.php

イエメンに国立図書館−企画のためのワークショップを立ち上げ

イエメンの首都サヌアで6月末、イエメン国立図書館の計画を行うワークショップが高等教育担当大臣(minister of higher academic education)らにより立ち上げられました。この図書館は、閲覧室、展示・会議スペース、子どもや障害のある人など特に必要のある人に向けた部屋も用意する、アラビア半…

読書の自由はDVDにも適用されるか?

米国バージニア州のLoudoun Countyにある公共図書館では、R指定を受けているDVDを購入すべきか否か、またこのようなDVDを購入したとして子どもに貸し出してもよいものか否か、といった点が議論になっているそうです。Does 'Freedom to Read' Apply to DVDs?http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/ar

国家記録院、子ども向けサイトを開設(韓国)

韓国の国家記録院(日本の国立公文書館に相当)が、子ども向けサイトを開設しました。「記録とは?」「行政博物とは?」「勲章の歴史」といったコンテンツによって、子どもたちに記録文書の重要性などをわかりやすく説明しています。

※行政博物・・・大統領や国務総理等の高位職者が使用した物、勲章、国璽、官印、記念図画、記念切手、オリンピックのメダル・ポスターなど。

国家記録院(子ども向けサイト)
http://www.archives.go.kr/gars/sang-hun/htm/main.asp

国立子ども青少年図書館(韓国)のウェブサイト

6月28日に開館した韓国国立子ども青少年図書館のウェブサイトが立ち上がっています。国立子ども青少年図書館http://www.nlcy.go.kr/

国立子ども青少年図書館、本日開館(韓国)

韓国国立中央図書館の一組織として、国立子ども青少年図書館が2006年6月28日13時、オープンします。6月28日は開館の式典で、一般利用は6月29日からです。もともと本館とは別の場所にあった学位論文館をリモデリングした国際子ども青少年図書館は、地上4階、地下2階、延べ面積2,435坪(約8,000平…

キューバ旅行記が図書館から消える−同シリーズの23冊もとばっちり

米国フロリダ州、Miami-Dade郡の教育委員会は14日、カストロ政権下のキューバの様子を描いた旅行記“Vamos a Cuba(A Visit to Cuba)”を学校図書館の蔵書から除外することを賛成多数で可決しました。この旅行記ではカストロ政権下のキューバを実態に反して「ばら色の」世界のように表現しており、…

フィルタリングソフトをかいくぐる子どもたち(米国)

CNET News.comに掲載された記事によると、米国では、学校内のPCに搭載されたフィルタリングソフトで禁止されているサイトに対して、フィルタリングソフトをかいくぐってアクセスする子どもたちが増えているとのことです。公開されているプロキシサーバを使う、家にプロキシサーバを構築しそ…

フィルタリングソフトに関する調査報告書(米国)

ニューヨーク大学のロースクールのブレナンセンターが5月17日、2000年のCIPA(子どもをインターネットから守る法律)施行以後のインターネットフィルタリングソフトの機能の調査と、フィルタリングに関する研究文献のレビューを行った報告書“Internet Filters: A Public Policy Report. (2nd Edition)”を公…

ページ