機関リポジトリ

E2135 - 私達の人生を変える図書館:第3次図書館発展総合計画(韓国)

韓国の大統領所属図書館情報政策委員会は,所管官庁を跨いだ館種横断的な図書館政策の審議・調整・策定等を担う大統領直属組織であり,図書館法第14条で,法に準じた効力を持つ図書館発展総合計画を5年ごとに策定することになっている。その委員会が,2019年1月,第3次図書館発展総合計画(以後「第3次計画」)を発表した。第1次計画(2009年から2013年;E797参照),第2次計画(2014年から2018年)に続く2023年までの計画で,第2次計画の成果と課題,近年の情報・技術・社会環境や図書館へのニーズの変化をふまえ策定された。人間疎外・地方消滅・経済の二極化といった社会の変化に市民が適応できるよう,課題に能動的に対応できる図書館制度を構築することが目的である。本稿では,ビジョン「私達の人生を変える図書館」を掲げ,3つのコアバリュー「人への包容性」「空間の革新性」「情報の民主性」のもと,4つの戦略目標に13の中心的課題((1)から(13)を付与),36の推進課題を配置した第3次計画について戦略目標ごとに見ていきたい。

信州共同リポジトリ、「長野保健医療大学リポジトリ」を追加:長野県内すべての大学・短期大学・高等専門学校のリポジトリが公開

2019年5月14日、長野県内の高等教育機関における教育・研究・地域貢献活動の成果物をインターネットで発信する「信州共同リポジトリ」が、5月10日に公開された「長野保健医療大学リポジトリ」を追加したと発表しています。

これにより、長野県内すべての大学・短期大学・高等専門学校のリポジトリが公開されました。

長野保健医療大学機関リポジトリが公開されました(信州共同リポジトリ,2019/5/14)
https://shinshu.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=multidatabase_view_main_detail&content_id=69&multidatabase_id=2&block_id=27#_27

文献分析に基づくドイツのオープンアクセス(OA)状況に関する調査(文献紹介)

ドイツ・ボン大学のNeda Abediyarandi氏とGESIS- Leibniz Institute for the Social SciencesのPhilipp Mayr氏による、2000年から2017年までにドイツ国内の大学で発表された文献分析に基づくドイツのオープンアクセス(OA)状況に関する論文“The State of Open Access in Germany: An Analysis of the Publication Output of German Universities”がarXiv上で公開されました。この論文は2019年開催の17th International Conference on Scientometrics and Informetricsのポスター発表としてアクセプトされています。

この研究は、2000年から2017年までの期間に、所属機関の研究者の発表文献がWeb of Science(WoS)内に2,000件以上収録されているドイツ国内66大学を対象としています。研究では、WoSから66大学が対象期間内に発表した文献を抽出し、無料公開の研究論文に誘導するサービスUnpaywallを用いるなどして、抽出した文献をOA状況によりゴールドOA、グリーンOA、非OAに分類する方法で分析されています。

REFのOAポリシーによって英国の即時オープンアクセスは加速している(文献紹介)

2019年4月17日、英Open Univeristyの機関リポジトリにおいて、オープンアクセス(OA)義務化方針が、研究成果がリポジトリで公開されるまでの期間に与える影響を分析した論文” Do Authors Deposit on Time? Tracking Open Access Policy Compliance”のプレプリントが公開されました。著者は同大学のDrahomira Herrmannova氏ら3名です。同論文については2019年6月開催のJCDL(ディジタル図書館に関する代表的な国際会議)に採択されています。

Herrmannova氏らの調査では、世界のリポジトリに収録されている80万本以上の論文を収集し、出版からリポジトリ収録までの期間がきちんと判別できるようになっているか否かと、リポジトリ公開までの締切りがOA方針に盛り込まれた場合、論文採択からリポジトリ公開までの期間は短くなるかが調査されています。このうち後者について、英Research Excellence Framework (REF)でリポジトリ公開までの締切りを設けたOA方針が定められて以来、英国における採択からリポジトリ公開までの期間が他国に比べて短くなったとされています。ここから、締切りを設けたOA方針は有効であると結論付けられています。

学術機関リポジトリデータベース(IRDB)で検索可能なコンテンツ数が300万件を突破

2019年4月10日、国立情報学研究所(NII)は、同研究所の運営する学術機関リポジトリデータベース(IRDB)で検索可能なコンテンツ数が、300万件(本文ありコンテンツの件数は約230万件)を突破したと発表しました。

IRDBの総コンテンツ数が300万件を突破しました。(IRDB,2019/4/10)
https://support.irdb.nii.ac.jp/ja/news/20190410

IRDBの総コンテンツ数が300万件を突破しました。(NII,2019/4/10)
https://www.nii.ac.jp/irp/2019/04/irdb300.html

韓国国立中央図書館(NLK)「学術誌著作権案内システム(KJCI)」への著作権情報登録が韓国研究財団(NRF)「学術誌評価」の申請資格に

2019年4月4日、韓国国立中央図書館(NLK)は、NLKの「学術誌著作権案内システム(Korea Journal Copyright Information:KJCI)」への著作権情報登録が、韓国研究財団(NRF)による「学術誌評価」への申請資格の1つとなったことを発表しています。

KJCIは、国内の学会誌の著作権ポリシー情報を提供するシステムで、「原文アクセスポリシー」「再利用ポリシー」「著作権ポリシー」「セルフアーカイブポリシー」等の項目が掲載されています。このうち、「原文アクセスポリシー」のエンバーゴの有無と「セルフアーカイブポリシー」についてはKJCIの担当者が学会の登録とは関係なく直接分析します。

KJCIでは学術誌編集委員による登録の便宜を図るため登録のための項目・用語を簡便化しており、登録後、KJCIの担当者による分析と学会の最終的な承認を経てKJCIで公開されます。同手順を終えた学会には著作権登録確認書が発行されます。

国内学会の学術誌の著作権ポリシーの策定及び明文化を支援し利用者に提供することで、適切な学術論文の活用拡大とオープンアクセス(OA)を実現させることを目的に実施されます。

新「学術機関リポジトリデータベース(IRDB)」が正式公開

2019年4月3日、新しい「学術機関リポジトリデータベース(IRDB)」が正式公開されました。

IRDBは、日本国内の学術機関リポジトリに登録されたコンテンツのメタデータを収集し、提供するデータベース・サービスです。

IRDBを正式公開しました。(2019/4/3)
https://support.irdb.nii.ac.jp/ja/news/20190403

学術機関リポジトリデータベース(IRDB)
https://irdb.nii.ac.jp/

国立国語研究所、「国立国語研究所オープンアクセス方針」の策定・施行を発表

2019年4月1日、国立国語研究所は、「国立国語研究所オープンアクセス方針」を2019年1月16日に策定し、2019年4月1日から施行することを発表しました。

学術雑誌等に掲載された同研究所に在籍する教職員等の研究成果について、国立国語研究所学術情報リポジトリで公開する方針となっており、教職員等に対し、リポジトリ登録が許諾される著者最終稿等の適切な版をできるだけ速やかに研究所に提供することを求めています。

国立国語研究所
https://www.ninjal.ac.jp/
※新着ニュース欄に、2019年4月1日付けのお知らせとして、「国立国語研究所は平成31年1月16日に「国立国語研究所オープンアクセス方針」を策定しました。この方針は,平成31年4月1日から施行します」とあります。

SPARC Japan、「学術情報流通に関する国内外の動向」のページを公開:Plan S及びPlan Sの実施に関するガイダンスの試訳や参考資料を掲載

2019年3月27日、国立情報学研究所(NII)の国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)は、「学術情報流通に関する国内外の動向」のページを公開したことを発表しました。

公開とあわせ、Plan S及びPlan Sの実施に関するガイダンスの試訳や、参考資料「Plan S に関する整理」がCC-BY 4.0ライセンスで提供されています。

「学術情報流通に関する国内外の動向」ページ公開、Plan Sに関する試訳と参考資料を掲載(SPARC Japan, 2019/3/27)
https://www.nii.ac.jp/sparc/2019/03/plan_s.html

学術情報流通に関する国内外の動向(SPARC Japan)
https://www.nii.ac.jp/sparc/about/overseas/

オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)、「JPCOARオープンアクセスリポジトリ戦略2019~2021年度」を公開

2019年3月26日、オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)は、今後3年間の中期的な戦略として策定した「JPCOARオープンアクセスリポジトリ戦略2019~2021年度」の公開を発表しました。

機関リポジトリをめぐる国内外の状況を踏まえ、国内外の関係する団体、コミュニティと連携し、リポジトリによる知の発信システムを構築し、オープンアクセスのより一層の推進を目指すことをビジョンとしており、次の5つの戦略を掲げているほか、各戦略について具体的な活動計画と実施担当が示されています。

1. オープンサイエンスの推進に寄与するため、研究データの公開、流通に関する先導的な取組みを行う。
2. オープンアクセスを推進する学術情報流通の基盤を整備し、コンテンツの流通、活用を促進する。
3. オープンアクセスリポジトリを支えるコミュニティとしての機能を強化する。
4. オープンアクセス、オープンサイエンスの推進に対応できる人材育成を行う。
5. 協会の活動基盤を強化し、JPCOARのブランド力を高める。

ページ