オーストラリア

オーストラリア、今後10年間の研究基盤開発の優先事項をまとめたロードマップの草案を発表

オーストラリアの教育省(Department of Education and Training)が、今後10年間の研究基盤開発の優先事項について定めた“2016 National Research Infrastructure”の草案を2016年12月5日に公開したことを受け、オーストラリア図書館協会(ALIA)が、その草案について紹介しています。

草案では、地域や産業界に利益をもたらしながら、既存のパラダイムを転換させるような研究を推進することができる9つの重点分野の研究基盤に焦点があてられ、人文・社会科学分野のプラットホームでは、“Atlas of Living Australia”及びオーストラリア国立図書館(NLA)の“Trove”が単一分野のアプローチを超えた良い事例として言及されているとのことです。

また、コレクションのデジタル化手段の調整と、既存のプラットフォームやデジタルコレクションの国際的な相互運用可能性の保証の必要性が指摘されていることや、先住民研究や、オーストラリアの文化財を活用できるプラットフォームの調整など、人文・社会科学分野での統合や調整について改善が求められていることが紹介されています。

草案へのコメントが、2017年1月16日まで求められています。

GIFアニメの国際コンペティション“GIF IT UP 2016”の優勝者及び各賞受賞者が発表される

2016年11月16日、米国デジタル公共図書館(DPLA)が主催する、GIFアニメの国際コンペティション“GIF IT UP 2016”の優勝者及び各賞受賞者が発表されています。

Trove Librarian賞の上位入賞作品には、オーストラリア・ビクトリア州のモナシュ大学図書館が所蔵する、写真家・日下部金兵衛の“Girls' new year games”を用いた作品が選ばれています。

Meet the Winners of GIF IT UP 2016(DPLA,2016/11/16)
https://dp.la/info/2016/11/16/meet-the-winners-of-gif-it-up-2016/

オーストラリア国立図書館が所蔵するボートゲームコレクション(記事紹介)

11月19日に「図書館でゲームをする日」(International Games Day @ Your Library)を迎えるにあたり、オーストラリア国立図書館(NLA)が、同館のブログで、所蔵するボートゲームコレクションの中から、ヨーロッパからの移住以来のオーストラリアの歴史を反映しているゲーム10点を紹介しています。

同館ではボートゲームを保存目的に所蔵しており、その多くをオンラインで調べたり、館内で請求して見ることはできますが、遊ぶことはできないとのことです。

BOARD GAMES IN THE LIBRARY (NLA,2016/11/8)
https://www.nla.gov.au/blogs/behind-the-scenes/2016/11/08/board-games-in-the-library

オーストラリア図書館協会、公共図書館の革新性と創造性に関するファクトシートを公表

2016年11月8日、オーストラリア図書館協会(ALIA)が、公共図書館の革新性と創造性に関するファクトシート“10 ways that libraries power smart cities”を公開しています。

また、同日から、公共図書館のガイドライン・標準・アウトカム指標をまとめた“The Guidelines, Standards and Outcome Measure for Australian Public Libraries ”の適用開始も発表しています。

Public Libraries gala dinner (ALIA,2016/11/8)
https://www.alia.org.au/news/14856/public-libraries-gala-dinner

10 ways that libraries power smart cities(ALIA)
https://www.alia.org.au/sites/default/files/Libraries%20power%20Smart%20Cities.pdf

The Guidelines, Standards and Outcome Measure for Australian Public Libraries(ALIA)

図書館の将来像は、コミュニティを支援する拠点:オーストラリア・ニュージーランドの図書館長等への調査

2016年10月27日、IT企業のCivica社が、シドニー工科大学のInstitute for Public Policy and Governanceと共同で行った調査の結果報告書“The intrinsic value of libraries as public space”を公開しました。

図書館がコミュニティーの中心であり続けるための課題を知るために行なわれたもので、オーストラリアとニュージーランドの図書館の館長や管理職、地方政府の管理職の、図書館に関する見解を詳しく調査しています。

結果からは、本が並び、静かに読書し、勉強できる機能に焦点をあてた図書館というのは過去のものであるという意見で一致していること、そして、その将来像は、雇用から、医療情報、学習やビジネスまでに及ぶ、コミュニティー支援のためのワン・ストップ・ショップであることが紹介されています。

また、Wi-Fiの提供によるインターネットへのアクセスの地域間格差の解消や、社会的孤立を防ぐための空間の提供等の機能に関する指摘が多かったことが言及されています。

報告書のダウンロードには名前や電子メールアドレス等の登録が必要です。

オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールの図書館協会、3か国の図書館振興のための覚書を締結

2016年10月12日、オーストラリア(ALIA)、ニュージーランド(LIANZA)、シンガポール(LAS)の図書館協会は、3か国の図書館・情報分野の振興のために協力することで合意したと発表しています。

合意点として以下の3点があげられています。

・2018年にオーストラリアのゴールドコーストで合同会議を開催すること
・国際図書館連盟(IFLA)などにおいて当該地域の図書館・情報分野の代弁者となること
・GLAM部門のコレクションへのデジタルアクセスを推進すること

オーストラリア・クィーンズランド州立図書館、ドラッグ・アンド・ドロップで5コマ漫画を作成できる“Comic Maker”のコードを公開

2016年9月23日、オーストラリアのクィーンズランド州立図書館は、全てのコミュニティの中心に文化を位置付けようというキャンペーン“Fun Palaces”の漫画作成をテーマにしたウェブサイト“ Fun Palaces Comic Maker”を支援するために作成した“Comic Maker”のコードを公開しました。

“Comic Maker”は、用意されている画像をドラッグ・アンド・ドロップすることで、5コマ漫画を作成できるもので、同館は、公開したコードの活用や画像の追加を行なうことを通じて、新しいものが作成され、無料で共有できる形で公開されることを望んでいると述べています。

Make your own online comic with the Fun Palaces Comic Maker(State Library of Queensland,2016/9/23)
http://blogs.slq.qld.gov.au/slq-today/2016/09/23/comic_maker/

SLQSignatureProgram/Fun-Palaces-Comic-Maker
https://github.com/SLQSignatureProgram/Fun-Palaces-Comic-Maker

米国デジタル公共図書館が主催するGIFアニメの国際的なコンペティション“GIF IT UP”、今年も開催

今年も、2016年10月1日から10月31日まで、米国デジタル公共図書館(DPLA)が主催する、GIFアニメの国際コンペティション“GIF IT UP”が開催されます。

DPLA、Europeana、ニュージーランド国立図書館の“DigitalNZ”、オーストラリア国立図書館の“Trove”から利用できるパブリックドメインやオープンライセンスの動画・画像・テキスト等を使用して作成したGIFアニメのコンペティションで、応募作品の中から、優勝、次点(3作品)、people's choice賞、Europeana賞、Trove賞(3作品)、Trove Student賞(3作品)が選ばれます。

GIF IT UP Returns on October 1(DPLA,2016/9/13)
https://dp.la/info/2016/09/13/gif-it-up-returns-on-october-1/

文化庁、米、英、豪、仏、独、韓、中7か国を対象に調査した「海外における著作権制度及び関連政策動向等に関する調査研究報告書」を公開

文化庁は、平成27年度文化庁調査研究事業として、シティユーワ法律事務所による「海外における著作権制度及び関連政策動向等に関する調査研究報告書」を文化庁のウェブサイトで公開しています。

海外における著作権制度及び関連する政策動向等に関する情報を収集することを目的として、近年の著作権法改正の概要、現在の著作権法改正に向けた検討状況、著作権等の集中管理制度の概要、著作権等の集中管理制度の近年の変革・現在の検討状況、著作権法分野における近年の主要裁判例について米国、英国、オーストラリア、フランス、ドイツ、韓国、中国を対象に調査を行ったものです。

調査は、各国の法律事務所に調査項目を提示して行われ、報告書は各国の法律事務所から調査結果の報告を受け、それらを翻訳してまとめられています。

海外における著作権制度及び関連政策動向等に関する調査研究報告書(平成28年3月付)
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/chosakuken/pdf/h28_kaigai_hokokusho.pdf

著作権各種報告(懇談会・検討会議・調査研究)(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/chosakuken/

関連:

オーストラリア図書館協会、同協会の作成した資料の情報ポータル“READ”を公開

2016年8月30日、オーストラリア図書館協会(ALIA)が、同協会の作成した資料の情報ポータル“READ”を公開しました。

READは“Resources, Electronic and Archived Documents”の略で、ALIAの年報、会議資料、トレンドレポート、基準やガイドライン、政策文書、アドヴォカシーガイド、計画支援、政府へ提出した意見書など300件のアイテムのほか、同協会のHealth Libraries Australia Groupの1970年代までに遡るニュースレターや報告書などを検索・閲覧することができます。

システムは、ダブリンコアによるメタデータ記述、米国議会図書館(LC)の件名標目、コンテンツマネジメントシステムのDrupalを用いて構築されています。

ALIAでは情報資源のカタログ化や、より多くの情報のポータルへの搭載のための支援を求めています。

READ ALIA - New ALIA open access information hub(ALIA,2016/8/30)
https://www.alia.org.au/media-releases/read-alia-new-alia-open-access-information-hub

READ(ALIA)

ページ