国立国会図書館

国立国会図書館のインターネット資料収集保存事業(WARP)、「科研費ウェブサイトコレクション」を公開

2017年3月23日、国立国会図書館のインターネット資料収集保存事業(WARP)が、「科研費ウェブサイトコレクション」を公開しました。

これはWARPが公開している「特色あるコレクション」のコンテンツのひとつです。WARPで保存している、科学研究費助成事業の助成を受けた研究の概要などを公開しているウェブサイトのうち、「研究種目」が新たな学問領域の形成を支援する「新学術領域研究」である研究のウェブサイトをまとめたものです。

科研費ウェブサイトコレクション(WARP)
http://warp.da.ndl.go.jp/contents/reccommend/collection/kaken.html

国立国会図書館、調査報告書『冷戦後の科学技術政策の変容』・『宇宙政策の動向』を刊行

2016年3月16日、国立国会図書館調査及び立法考査局は、調査報告書『冷戦後の科学技術政策の変容』・『宇宙政策の動向』を刊行しました。2010年度から館外の専門家と連携して行われている「科学技術に関する調査プロジェクト」によるものです。

『冷戦後の科学技術政策の変容』は、東西冷戦後の科学技術政策の変遷について、安全保障の観点も含め、デュアルユース(軍民両用性)、イノベーション政策などの観点から分析した論稿を取りまとめたものです。

『宇宙政策の動向』は、我が国を含む世界各国の宇宙政策、宇宙技術の開発・利用、関連産業をめぐる経緯と現状のほか、国際宇宙法、安全保障などのトピックを取り上げています。

E1894 - CiNii Booksの本文アクセス強化

2012年以来,毎年実施しているCiNii利用者アンケートにおいて,必ず「CiNii Booksを利用いただく上で不満な点について教えてください。」という問いを設けている。2016年実施分も含めた5年間,常に利用者の関心が最も高いのは「本文へのリンク」であった。本稿では,CiNii Booksにおける本文へのアクセス強化について,サービス誕生からの道のりを振り返りつつ,以下に述べたい。...

レファレンス協同データベース、インターネット公開データの件数が10万件を突破

2017年3月3日、国立国会図書館は、レファレンス協同データベースのインターネット公開データの件数が2017年2月に10万件を突破したことを発表しました。

サービス開始当初の2005年度には、データの総数は約2万件、そのうちインターネット上で公開しているデータは約1万件でしたが、2017年2月には、データの総数は約18万件、そのうちインターネット上で公開しているデータは10万件を超えています。

2017年3月3日 レファレンス協同データベースのインターネット公開データ件数が10万件を突破しました(付・プレスリリース)(国立国会図書館, 2017/3/3)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2016/170303_01.html

『国立国会図書館月報』671号刊行:「保存協力プログラム」に基づく被災図書館への支援活動に関する記事を掲載

このほど刊行しました『国立国会図書館月報』671号(2017年3月)では、国立国会図書館(NDL)が「保存協力プログラム」に基づいて実施している、地震や洪水などの災害により被災した図書館への支援活動に関する記事を掲載しています。

2015年9月の関東・東北豪雨で被害を受けた常総市立図書館(茨城県)、2016年4月の熊本地震の被害を受けた熊本県立図書館、2015年4月のネパール大地震で被害を受けたネパール国立図書館に対して行った支援活動を紹介しています。

また、NDLの東日本大震災に関する震災記録の収集の取り組みに関する記事も掲載しています。

「被災図書館の支援」『国立国会図書館月報』 671号(2017年3月)
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10309001_po_geppo1703.pdf?contentNo=1#page=6

京都府立図書館、「京都府図書館総合目録ネットワークシステムの充実を図る産官学連携プロジェクト」のクラウドソーシングを開始

2017年2月9日、京都府立図書館は、2016年11月30日に記者発表を行った「京都府図書館総合目録ネットワークシステムの充実を図る産官学連携プロジェクト」のクラウドソーシングを開始したと発表しています。

このプロジェクトは、京都府域の図書館のデータに対し、同定判定をクラウドソーシングにより行います。まずはISBNが付与されている本のデータの一部、約56,000件を対象に行うとのことです。システムや図書館に関心のある方を中心に広く参加を求めています。

全国の公立図書館初のクラウドソーシングを開始しました!(京都府立図書館、2017/2/9)
https://www.library.pref.kyoto.jp/?p=9196
http://www.library.pref.kyoto.jp/wp/wp-content/uploads/2017/02/20170209_PR.pdf

都道府県総合目録の将来像に関する研究プロジェクト(L-Crowd)
https://crowd4u.org/ja/projects/lcrowd#unicat

L-Crowd: インターネットでできる図書館ボランティア(図書館×クラウドソーシング)
https://crowd4u.org/ja/projects/lcrowd

参考:

国立国会図書館(NDL)、国際図書館連盟(IFLA)が策定した、貴重書及び手稿コレクションのデジタル化計画に関するガイドラインの日本語訳を掲載

2017年2月13日、国立国会図書館(NDL)は、国際図書館連盟(IFLA)の貴重書・特別コレクション分科会(Rare Book and Special Collections Section)が2014年9月に策定したガイドライン“Guidelines for Planning the Digitization of Rare Book and Manuscript Collections”の日本語訳『貴重書及び手稿コレクションのデジタル化計画のガイドライン』を掲載しました。

資料の保存(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/index.html

マニュアル・パンフレット・翻訳資料(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/manual_index.html

貴重書及び手稿コレクションのデジタル化計画のガイドライン(PDF: 445KB)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/pdf/ifla_guideline_jp_2017.pdf

Rare Books and Special Collections Section(IFLA)

E1885 - 第6回日中韓電子図書館イニシアチブ(CJKDLI)会議<報告>

2016年12月1日と2日,第6回日中韓電子図書館イニシアチブ(China-Japan-Korea Digital Library Initiative:CJKDLI)会議が韓国国立中央図書館(NLK)で開催された。国立国会図書館(NDL)と中国国家図書館(NLC)からは各4名,開催国であるNLKからは9名が出席した。なお,この会議は,2010年に締結した協定に基づいて,毎年度,日本,中国,韓国の国立図書館が持ち回りで開催しているものである(E1526E1647E1762参照)。...

ページ