JISC(英国情報システム合同委員会)

RCUKとHEFCEのOA方針に対応したリポジトリ向けメタデータ仕様 RIOXX2.0ベータ版公開

2014年6月27日、英国研究会議(RCUK)と高等教育助成会議(HEFCE)のOA方針の要求に従ったリポジトリ向けのメタデータ仕様、RIOXX 2.0のベータ版が公開され、コメントの受付が開始されました。

RIOXX 2.0は英国情報システム合同委員会(JISC)の関係機関であるEDINAが、JISCの助成を受け、RCUKおよびHEFCEと共同で策定したものです。RCUKの助成研究に対するOA方針と、2016年4月1日以降から始まるHEFCEのOA方針の要求に適った情報を提供できるよう企図されています。2013年にはRCUK方針に従った仕様としてRIOXX 1.0も定められていましたが、短期間で作成されたもので不十分であったとして、RIOXX 2.0の開発が進められていました。

RIOXX 2.0ではダブリンコア等の他のメタデータモデルの語彙に加え、RIOXXによる語彙として助成を受けたプロジェクト名や文献タイプに関する仕様も加えられています。

RIOXX 2.0 beta 1 released for comment(RIOXX、2014/6/27付け)
http://www.rioxx.net/2014/06/27/rioxx-2-0-beta-1-released-for-comment/

論文単位の利用統計実務指針 PIRUS Code of Practice Release 1公開

2013年10月、論文単位の利用統計の記録と提供に関する実務指針”Release 1 of the PIRUS Code of Practice”が公開されました。これは英国情報システム合同委員会(JISC)の助成を受けて行われたプロジェクト“Publisher and Institutional Repository Usage Statistics (PIRUS)”の成果に基づくものです。

PIRUSプロジェクトでは電子ジャーナルや機関リポジトリの個々の論文についての利用統計を、電子リソースの利用統計の実務指針であるCOUNTERに準拠して取得するためにはどのような課題解決が必要かを調査していました。その成果に基づくPIRUS Code of PracticeはCOUNTERに準拠した上で、論文単位での利用統計実現のために論文のDOIやORCID識別子などをあわせて用いることとしています。COUNTERに従って利用統計を提供しているベンダ・サービスについてはPIRUS Code of Practiceに準拠した統計の作成も求められるほか、それ以外の機関でも利用できる標準も示されています。

英JISCとWikimedia UKが連携 学術の世界とWikipediaの橋渡しを行うプロジェクトを実施

2013年6月27日、英国のJISCは、英国のWikipediaおよび姉妹プロジェクトの支援を目的とする団体でWikimedia財団の支部の一つであるWikimedia UKと連携し、学術の世界とWikipediaの橋渡しを行うことを目的とするプロジェクトを立ち上げると公表しました。

このプロジェクトはブリストル大学に本拠地を置き、9ヶ月間にわたって実施されます。専門家向けに研修を行ったり、一般にも開かれた編集イベントを行うことなどを企画しているとのことです。

Bridging the gap between academia and Wikipedia(JISC、2013/6/27付け)
http://www.jisc.ac.uk/news/bridging-the-gap-between-academia-and-wikipedia-27-jun-2013

Jisc and Wikimedia UK to bridge between academia and Wikipedia(Wikimedia UK Blog、2013/6/27付け)
http://blog.wikimedia.org.uk/2013/06/jisc-and-wikimedia-uk-to-bridge-between-academia-and-wikipedia/

参考:

POCOSプロジェクト、ソフトウェアアートの長期保存をテーマにしたシンポジウムの成果物を公開

Preservation Of Complex Objects Symposia(POCOS)プロジェクトが、ソフトウェアアート(コンピュータソフトウェアによる芸術作品)の保存をテーマにした論文集を公開しています。

POCOSは、英国のJISCの助成を受けて、画像や文書よりも複雑なかたちをしているデジタル情報の長期保存をテーマとして全3回のシンポジウムを開催するというものです。取り上げられたトピックには、“Visualisations and Simulations”、“Software Art”、“Gaming Environments and Virtual Worlds”があります。各シンポジウムの動画はウェブサイトで公開されています。

今回公表された論文集は、2011年10月開催の第2回シンポジウムの成果物です。

The Preservation of Complex Objects: Volume 2, Software Art(PDF:107ページ)
http://www.pocos.org/images/pub_material/books/pocos_vol_2_final_release.pdf

Publications(POCOS)

E1400 - デジタルコンテンツの価値を持続させるために―親機関の役割

E1400 - デジタルコンテンツの価値を持続させるために―親機関の役割

大学や図書館,博物館では,デジタルコンテンツに関するさまざまなプロジェクトが行われている。しかし,プロジェクトが終了するとほどなくその成果にアクセスできなくなってしまうことがある。あるいは,新しいコンテンツが追加されない,コンテンツの見せ方が当時のまま放置されているといった場合も珍しくはない。デジタルプロジェクトの持続可能性を考えるとき,このように単にコンテンツが残っているというだけで良いのだろうか。それらが利用者に対して“価値を提供し続けている”ことが重要なのではないのだろうか。...

英JISC CollectionsがOpen Access Keyと協力し、APCの支払管理における役割を検証するプロジェクトを開始へ

英国のJISC Collectionsが、2013年4月2日より、オープンアクセス誌の論文加工料(APC)の管理における自身の役割を検証するための12か月間のパイロットプロジェクト“JISC APC”を開始すると発表しました。APCのオンライン決済等のサービスを行っているOpen Access Key社が協力を行います。JISC Collectionsは、国内の研究機関や出版社に対してAPCの支払管理・処理サービスを提供し、各機関における管理コストの削減を目指していきます。

Jisc Collections and Open Access Key to collaborate on UK Gold OA article payments pilot(JISC 2013/1/23付けニュース)
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2013/01/jisc-apc.aspx

JISC Collections collaboration with OAK(Open Access Key 2013/1/23付けニュース)
http://www.openaccesskey.com/article/OAKNews_JISC_APC/

Open Access Key
http://www.openaccesskey.com/

ロンドン大空襲の爆撃地点はどこだったのか? マップとARアプリで伝えるプロジェクトサイト“Bomb Sight”公開

英国JISCやポーツマス大学の研究者らが、第二次世界大戦期のドイツによるロンドン大空襲(The Blitz)での爆撃地点をマッピングしたプロジェクトサイト“Bomb Sight”を公開しました。

“Bomb Sight”は、英国国立公文書館が所蔵する空襲に関する資料を用いて作成されたもので、その期間は1940年10月7日から1941年6月6日までとなっています。ウェブサイトでは、ロンドンの地図上に赤い点で爆撃地点がマッピングされており、点をクリックすると関連情報や写真資料が表示されます。また、アンドロイド用アプリも公開されており、これを利用することで現実空間に爆撃地点を重ね合わせて表示できるようです。

Bomb Sight
http://www.bombsight.org/#15/51.5050/-0.0900

Interactive map shows where Blitz bombs hit London (The National Archives 2012/12/7付けの記事)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/792.htm

London Blitz: Bomb Sight interactive map created (BBC 2012/12/7付けの記事)

OAジャーナル投稿料の支払における“仲介者”の役割は? 英国OAIGがレポートを公表

2012年10月付けで“The Potential Role for Intermediaries in Managing the Payment of Open Access Article Processing Charges (APCs)”という調査レポートが公表されました。これは、英国オープンアクセス実行グループ(OAIG)を代表したウェルカム・トラスト及びJISCから委任を受けて、研究情報ネットワーク(RIN)が作成したものです。レポートでは、オープンアクセス誌の投稿料(APC)がテーマとなっており、大学や助成機関から出版社へのAPCの支払における“仲介者(intermediary)”の役割や、APCの効率的な管理などについてまとめられています。

The Potential Role for Intermediaries in Managing the Payment of Open Access Article Processing Charges (APCs)(JISC Repository)
http://repository.jisc.ac.uk/4949/

参考:
E1241 - ハイブリッドOAを巡る高等教育機関・出版社・助成機関の問題
http://current.ndl.go.jp/e1241

Open Knowledge Foundation等によるオープンソースプロジェクト“TEXTUS”の最終報告書が公開

Open Knowledge Foundation等によるオープンソースプロジェクト“TEXTUS”の最終報告書が公開されました。TEXTUSは、JISCの助成を受けて、Internet ArchiveやProject Gutenbergなどで公開されているデジタル化テキストを収集し、再利用するためのプラットフォームを開発するプロジェクトです。このプラットフォーム上では、テキストに対して一意なURLが与えられて引用が可能になり、また、コメントの付与やその共有等も行うことができるということです。

TEXTUS
http://textusproject.org/

TEXTUS Final Report(JISC Repository)
http://repository.jisc.ac.uk/4936/

TEXTUSベータ版サイト
http://beta.openphilosophy.org/

例:ジョン・スチュアート・ミル「自由論」のテキスト
http://beta.openphilosophy.org/#/text/CjbL-qWhQci8ztzwtS9dEw/0

JISC Collectionsの契約データがSerials Solutions社の電子情報資源管理システムに投入、ONIX-PLを交換フォーマットとして活用

英国のJISC Collectionsによる電子リソースの契約データが、Serials Solutions社の電子情報資源管理システム(ERMS)である360 Resource Managerに投入されたと発表されました。こういった取組はJISC Collectionsでは初とされています。対象となっているのは、NESLi2というコンソーシアム契約のデータで、投入の際にはONIX-PLが交換フォーマットとして使用されました。今回の投入により、360 Resource Managerの導入館では、図書館員がこれらのデータを手動で作成する必要がなくなるということです。

なお、JISC Collectionsでは、契約データをONIX-PL形式に変換し、elcatやKnowledge Base+などで使用しています(ONIX-PL形式の契約データを1件作成するのに最大で2時間半かかるとされています)。

JISC CollectionsのCEOであるLorraine Estelle氏は、「これはONIX-PLに関する我々の活動にとって重要なマイルストーンとなる。Serials Solutions社の取組が他のシステムベンダや出版社に波及することを願っている」などと語っています。

ページ