電子図書館

E293 - 南アジアにおける伝統的知識のデジタル図書館構想

SAARCドキュメンテーション・センターが中心となり,伝統的知識の統一的な分類法,国際特許分類へのリンキングなどの枠組みを開発し,各国のデジタル図書館を結ぶ。各国は,古くから伝わる伝承医療知識の多言語での文書化,データベース化を2000年頃から進めているインドをモデルにデジタ…

E225 - 子どもの本の国際電子図書館(ICDL)の近況

ICDLで目下大きな課題となっているのは著作権の処理であり,特に国・地域による著作権法制の違い,言語の壁等が問題とされているが,各地域の代表者に著作権処理を依頼することによって対処を図っているという。一方,新機能としては,ミュンヘン国際児童図書館(IYL)と協同でホワイト・…

E219 - 欧州図書館,2005年1月にサービス全面開始へ

5月のTELニュースレターによると,オランダ国立図書館(Koninklijke Bibliotheek:KB)に置かれるTEL事務局で図書館の運営やウェブサイトの管理など日常的業務を行う小チームのメンバーが任命され,これまでの計画で決められた点を実際のサービスに反映させる作業を開始するとのことである。TELは,欧…

E174 - BL,電子図書館連合に加盟

DLFに米国外の機関が参加するのは初めてであるが,DLFのシーマン(David Seaman)理事長はBLがDLFの加盟要請を了承したことを喜び,その加盟によってDLFには新たな視点が提供され協同事業は強化されるだろうと述べている。DLFは1995年設立のコンソーシアムで,図書館情報資源振興財団(CLIR)の後援…

E150 - 米・カナダにおける視覚障害者等への電子情報サービスの展開

一方,米国では,イリノイ州立図書館が州内の録音図書センターと協働して,読むことに障害を持つ人たちを対象に「情報の目(Info-Eyes)」というウェブサイトを11月3日に開設した。インターネットやデータベースの使い方,情報の探し方の援助や読書相談を行ったり,QuestionPoint(CA1476参照)の…

E148 - 「欧州図書館」に向けたメタデータの研究開発

それによると,TELでは,まずプロジェクトに参加している国立図書館におけるメタデータを対象に現状をレビューし,それに基づいてTELのメタデータモデルに求められる機能要件を検討している。機能要件に関する報告書では,基本のダブリンコアを図書館用に拡張したLAP(Library Application Profile)…

E145 - 中国数字図書館(中国電子図書館)サービス再開

中国数字図書館がホームページをリニューアルした。中国数字図書館は著作権侵害の裁判に敗れたことから,昨年よりインターネットを介した図書館サービスを事実上停止していた(E051参 照)。(中国国家図書館利用者向けの案内がホームページに掲載されていることから,国家図書館内ではサービスを継続していたようである。)リニューアルさ れたホームページでは図書全文データへのアクセスもできるようになっている。しかし,利用に必要なはずの有料の読書カードを購入する方法が図書館のホーム ページには示されていないにも関わらず,オンラインショップでは,これまで続いていたカードの品切れ状態が解除されているなど,混乱した状態が続いてい る。閉鎖される前に購入した利用者に対してのサービスなのか,それとも今後,新規に読書カードを販売するのかどうか現時点では不明である。...

E068 - NYPLの電子図書館事業 <ウォーカー氏講演会報告>

両講演ともに,NYPLにおける電子図書館事業の事例を中心として,ネットワーク環境下で他の機関と競争状態にある図書館が,生き残るためには何を期待されているか綿密な市場調査を行い,限られた資源を優先順位に基づき配分し,それに見合うサービスを実現していくべきことが報告された。…

ページ