電子図書館

CA1243 - アメリカン・メモリー・フェロー−電子図書館を活用した教育の試み− / 原田圭子

米国議会図書館(LC)による電子図書館プロジェクト“アメリカン・メモリー”(CA1163参照)では,現在43のコレクション(約100万点以上)がインターネット上で提供されている。これらは,写真・手稿・楽譜・映画・録音・出版物など,さまざまな形態であらわされたアメリカ史の第一級の,一…

CA1194 - 電子図書館構築への動き−カナダ− / 佐藤従子

1997年はカナダ図書館界にとって,電子図書館構築に関する共通の基盤をつくり,コンセンサスを得るための下準備が行われた年だったと言えよう。すなわち,2月にカナダ国立図書館(National Library of Canada; NLC)は国内の各図書館で行われている電子図書館プロジェクトの実態調査を行い,3月には…

CA1193 - Gallica−フランス国立図書館による電子図書館の試み− / 永野祐子

フランス国立図書館(BNF)は,昨年10月,インターネットで見られる「試行」電子図書館Gallicaを開設した。BNFは一昨年12月,パリ・トルビアックの新館のうち一般利用者向けの部分を開館し,現在研究者向けの開館を準備中である(CA1125参照)。この新館は,ミッテラン大統領が提唱した新図書…

E390 - EU,デジタル図書館計画を発表

9月30日,欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会(EC)は,各国の文化遺産をオンラインで提供する欧州デジタル図書館計画を発表した。同時に2006年1月20日を期限とするオンラインでの意見募集も開始し,これを反映したデジタル化とデジタル保存に関する勧告案が,2006年6月に提示され…

CA1087 - 電子情報の保存 / 中島薫

電子情報の出現は,今までとは違う新たな保存の必要性を生み出した。媒体そのものを保存することがそこに含まれる情報を保存することになる印刷物と異なり,電子情報は簡単に一つの媒体から次の媒体へと,情報の損失なく移すことができる。そこでは媒体そのものの保存よりも,情報の知…

E444 - デジタル時代における図書館の変革 <NDLシンポジウム報告>

圧倒的な勢いで進む情報のデジタル化の中で,図書館はどのような展望を描けるのだろうか? 1月26日,こうしたテーマを話し合う公開シンポジウム「デジタル時代における図書館の変革−課題と展望−」が国立国会図書館(NDL)東京本館で開催された。最初に,ユネスコ情報社会部プログラム…

CA1046 - 新しき皮袋に入れるのは... / 飯倉忍

ヴァチカン図書館といえば,その起源は16世紀にまで遡る古い歴史を持ち,特に写本やインキュナブラ(用語解説T6参照)など稀覯書の所蔵では世界有数の規模を誇っている。そしてそれらの利用のため多くの研究者が,世界中からこの図書館を訪れている。しかし,それは所蔵している多くの貴…

E425 - 中国国家図書館の最新動向2005 <日中業務交流報告>

2005年11月22日から29日まで国立国会図書館の代表団5名が訪中し,中国国家図書館との間で第25回日中業務交流が開催された。今回のテーマは「デジタル資源の収集・保存・提供」。デジタル資源への対応は,世界中の図書館で新しい挑戦を迫られている大きな問題であるが,デジタル資源の維持管…

CA1025 - インターネット資源の目録作成 / 飯倉忍

インターネット上にある莫大な電子情報資源は,図書館にとっても重要なものになりつつある。このインターネット資源を図書館が有効活用するためには,何処に,どのような情報があるのかを素早く知る必要がある。しかし,そういった便利な仕組みはほとんどなく,図書館にとっては使い勝…

CA1024 - GII電子図書館プロジェクト:第1回運営委員会開催 / 植月献二

CA996にて紹介した標記プロジェクトの最初の運営委員会が去る5月29日,フランス国立図書館において開かれた。これは,我が国と共に幹事国となっているフランスがホストとなって開いたものである。G7からは日本,フランス,ドイツ,カナダ,アメリカ,イタリア,EC(European Commission)が出席し…

ページ