電子図書館

大日本印刷、図書館流通センター、日本ユニシス、ボイジャーの4社が画面読み上げソフト「スクリーンリーダー」に適応した電子図書館システムを開発:3年間で200館の導入を目指す

2016年5月16日、大日本印刷株式会社(DNP)、株式会社図書館流通センター(TRC)、日本ユニシス株式会社、株式会社ボイジャーは共同で、視覚障がい者が電子図書館を利用する際に、音声読み上げとキーボード操作で読みたい本を探し、借り、読む(聞く)ことを独力でできるサイト・ビューワ(閲覧用ウェブブラウザ)を搭載した電子図書館システムを開発したことを発表しました。

パソコン版の電子図書館システムで、視覚障がい者に多く利用されている画面読み上げソフト「スクリーンリーダー」が利用できる電子図書館用テキストサイトを開発しており、また、読書用ビューワでは、タイトルと著者名の表示と読み上げのほか、自動音声での読み上げによる再生、停止、ページ送りなどが可能です。

発表では、2016年4月から三田市立図書館で本システムの検証実験をおこなっており、2016年夏から、今後機能を拡充しつつ、3年間で200館以上の図書館での導入を目指す、とされています。

大日本印刷、図書館流通センター、日本ユニシス、ボイジャー 視覚障がい者に読書の楽しみを提供する電子図書館システムを開発 ~ 4月施行の「障害者差別解消法」に対応 ~(DNP 2016/5/16)
http://www.dnp.co.jp/news/10122840_2482.html

米OverDrive社、DCコミックスのマンガやグラフィック・ノベル150作品の電子書籍を同社プラットフォームで提供開始

2016年4月20日、米国OverDrive社は、同社のプラットフォームで、米国のマンガ出版社・DCコミックスのマンガやグラフィック・ノベル150作品あまりのデジタルコンテンツを同社のプラットフォームで提供開始することを発表しています。

これらは米国の電子書籍配給会社Trajectory社が提供するもので、DCコミックスとTrajectory社が提携を結んだことにより、OverDrive社のプラットフォームでも提供され、学校や公共図書館へも配信されることになります。

提供されるコンテンツには、‘Batman’(バットマン)や、‘Superman’(スーパーマン)、‘Justice League’(ジャスティス・リーグ)などがあります。

Holy new content, Batman! DC Comics have arrived at OverDrive(OverDrive Blogs, 2016/4/20)
http://blogs.overdrive.com/general/2016/04/20/holy-new-content-batman-dc-comics-have-arrived-at-overdrive/

株式会社メディアドゥ、米国OverDrive社と提携して実施している日本のデジタルコンテンツの海外電子図書館への配信について、配信館数が100館を突破

2016年4月19日、株式会社メディアドゥは、米国OverDrive社と提携しておこなっている、海外電子図書館への日本のデジタルコンテンツの配信において、配信図書館数が100館を突破したことを発表しています。

発表によると、2016年3月時点で129の電子図書館のアカウントに対して、購入されたコンテンツの主なカテゴリーは、英語に翻訳されたマンガや日本語のマンガ、日本語の文学作品や、絵本とのことで、配信対象館としては、米国のロサンゼルス公共図書館、米国陸軍図書館、ハワイ州立公共図書館などのほか、カナダのカルガリー公共図書館やブリティッシュコロンビア図書館などの名前が挙がっています。

メディアドゥ、海外電子図書館への日本コンテンツ輸出が加速。配信図書館数が100館を突破(株式会社メディアドゥ, 2016/4/19)
http://www.mediado.jp/service/1340/

参考:
メディアドゥ、OverDrive社と戦略的業務提携について基本合意
Posted 2014年5月13日
http://current.ndl.go.jp/node/26119

メディアドゥ、講談社の漫画作品等の英語翻訳版電子書籍約400点を、米OverDriveに提供開始 米国とカナダの公共・大学図書館でも利用可能に
Posted 2015年12月7日

株式会社メディアドゥ、国内で展開する電子図書館事業についてウェブサイトを開設:導入館紹介を掲載

2016年4月14日、株式会社メディアドゥは、日本国内で展開する電子図書館事業「OverDrive Japan」について、ウェブサイトを開設したことを発表しました。

電子図書館の導入を検討する図書館や、電子図書館へのコンテンツ配信を検討している出版社に向けて、電子図書館サービスに関する説明や、導入館のの紹介などが掲載されています。

「導入館紹介」では、現在、龍ケ崎市立中央図書館、潮来市立図書館、慶應義塾大学メディアセンター、福井大学附属図書館、Rakuten Digital Library、楽天いどうとしょかんの名前が挙がっており、潮来市立図書館館長のコメントも掲載されています。

なお、「OverDrive Japan」は、3月にFacebookのページも開設しています。

OverDrive Japan
http://overdrivejapan.jp/

導入館紹介(OverDrive Japan)
http://overdrivejapan.jp/introduction/

ホームページを公開いたしました(OverDrive Japan, 2016/4/1)
http://overdrivejapan.jp/info/3

紙の本のない公共図書館“BiblioTech”、3館目を建設中(米国)

米国初の紙の本を所蔵しない公共図書館として話題になった米国テキサス州ベア郡サンアントニオの”BiblioTech”について、3館目が建設中であると報じられています。

2013年に最初の館がオープンした”BiblioTech”は、2015年に2館目がオープンしていました。建設中の3館目は2017年オープン予定とのことです。面積は4,200平方フィート(約390平方メートル、約120坪)で、閲覧室の他にコミュニティ利用スペース、児童エリア、学習室等が設けられる見込みです。

Gift buys ebooks for next BiblioTech branch library(San Antonio Express-News、2016/3/13付け)
http://www.expressnews.com/news/local/article/Gift-buys-ebooks-for-next-BiblioTech-branch-6887637.php

Bexar County to Open Its Third All-Digital BiblioTech Library Branch in 2017(The Digital Reader、2016/3/31付け)

株式会社メディアドゥ、電子図書館事業(「OverDrive Japan」)での日本語オーディオブックの導入について発表

2016年4月1日、株式会社メディアドゥは、日本で展開している電子図書館事業「OverDrive Japan」において、障害者差別解消法対応の1つとして、日本語オーディオブックの提供を4月中に開始する予定であることを発表しています。

同社の発表では、国内のオーディオブック権利元との契約により、1万作品以上の日本語オーディオブックの導入としており、図書館としての基礎的環境整備につながるとしています。

電子図書館向け日本語オーディオブックの提供へ(メディアドゥ, 2016/4/1)
http://www.mediado.jp/service/1329/

参考:
出版社16社がオーディオブック普及に向け連携、「日本オーディオブック協議会」が設立
Posted 2015年4月7日
http://current.ndl.go.jp/node/28293

福井大学附属図書館、OverDriveの電子図書館システムの提供開始:国立大学としては初

2016年3月31日、福井大学附属図書館は、同館でOverDriveの電子図書館システムの運用を開始することを発表しています。

株式会社メディアドゥの発表によると、国内の国立大学としては初のシステム導入となるとのことで、4月の国際地域学部の開設に合わせ、洋書のコンテンツを主に選書していく、としています。また、OverDriveのプラットフォームと福井大学の共通認証システムを接続することが示されています。

2016年4月1日よりOverDriveの電子図書館システム運用開始(福井大学図書館, 2016/3/31)

三田市立図書館、電子図書館サービスに視覚障がい者対応機能を追加

2016年2月15日付けの兵庫県三田市の広報「伸びゆく三田」で、2016年4月より同市立図書館の電子書図書館サービスに視覚障がい者利用支援システムを追加することが報じられています。市広報によればこのようなシステムの導入は公共図書館としては国内初であるということです。

三田市立図書館では2014年8月から電子図書館サービスが導入されています。新たに導入される視覚障がい者の利用支援システムは、現行の電子図書館サービスにテキスト版サイトを追加することで、音声読み上げソフトを利用して資料の検索ができるようになるとのことです。システムの開発には立命館大学の研究グループや、視覚に障がいを持つ利用者の協力も得たとされています。

公共図書館初 電子図書館に視覚障がい者対応機能を追加(市広報伸びゆく三田)
http://www.city.sanda.lg.jp/kouhou/kouhoushi/documents/20160215_1.pdf

参考:
鳥取県立図書館など鳥取県下9箇所で「聴覚障がい者向け音声文字変換システム」が導入される
Posted 2015年9月28日
http://current.ndl.go.jp/node/29517

視覚障害者にも使いやすい電子図書館構築のガイドライン
Posted 2005年10月3日

株式会社日本電子図書館サービス、電子図書館サービス「LibrariE」における図書館向け電子書籍コンテンツが1万冊を突破したことを発表

2016年3月1日、株式会社KADOKAWA、株式会社講談社、株式会社紀伊國屋書店による合弁会社である株式会社日本電子図書館サービスは、電子図書館サービス「LibrariE」において、図書館向けに販売している電子書籍コンテンツが1万冊を超えたことを発表しました。

現在、20以上の出版社から、電子書籍コンテンツが提供されています。

なお、発表では、2016年度中に3万冊の提供を目指す、とされています。

図書館向け電子書籍1万冊を突破!(株式会社日本電子図書館サービス, 2016/3/1付)
http://ir.kadokawa.co.jp/topics/20160301_b95s7.pdf

株式会社日本電子図書館サービスホームページ
http://www.jdls.co.jp/index.html

EBSCO社の“EBSCO eBooks”で、ペンギンランダムハウス社の電子書籍の利用が可能に

2016年2月4日、EBSCO社は、大手出版社であるペンギンランダムハウス社の電子書籍のうち、2万1,000タイトルが、EBSCO社の“EBSCO eBooks”で利用可能となることが発表されました。

Penguin Random House eBook Titles Now Available on EBSCO eBooks(EBSCO, 2016/2/4)
https://www.ebsco.com/news-center/press-releases/penguin-random-house-ebook-titles-now-available-on-ebsco-ebooks

ページ