資料保存

欧州保存・アクセス委員会、14年間の活動に終止符

欧州各国の図書館・文書館等、資料の保存と利用に関係する各機関の協力活動の支援と促進を目的に、1994年3月に設立された非営利組織・欧州保存・アクセス委員会(ECPA)が、2008年7月をもって活動を終了することになりました。ECPAによると、設立母体のオランダ王立芸術科学院の組織変更に伴い、別の組織基盤に移って活動を続けるか、活動を終了するかの二者択一を迫られ、ECPAの理事会は、「過去10年の変化を考慮すると、新しい活動環境にはそのための新しいネットワークが必要であり、そのためにはECPAをリストラすることが最善である」と判断したとのことです。

『国家貴重古典籍目録』と古典籍保護ポータルが公開に(中国)

中国政府の文化部が策定した、全国2,392点の古典籍を収録した第1次『国家貴重古典籍目録』(国家珍贵古籍名录)と、国家図書館・各省立図書館など51の「全国古典籍重点保護拠点」が、2008年3月に国務院の批准を得て公布されました。いずれもPDFファイルで見ることができます。またこれを機に、国家貴重古典籍特別展示が中国国家図書館で行われています。

国务院批准颁布首批《国家珍贵古籍名录》及“全国古籍重点保护单位”
http://www.nlc.gov.cn/service/others/gujibhw/yjdt-yjxw-11.html

国家珍贵古籍特展
http://www.nlc.gov.cn/service/jiangzuozhanlan/zhanlan/zggjz/html/index.htm

LC、災害に対する備え/災害後の資料修復に関する情報源を集約

米国議会図書館(LC)が、洪水・火災・地震の各災害への備えと、災害後の資料修復に関する各種情報源を集約したウェブサイトを、資料保存のページの中に作成しています。ハリケーン「カトリーナ」後の資料修復に初動した人々へのインタビュー音声も公開されています。

Emergency Preparedness (Preservation, Library of Congress)
http://www.loc.gov/preserv/emergprep/prepare.html

電子ジャーナルの保存問題に対する大学図書館長の姿勢は?(米国)

米国の電子ジャーナルアーカイビング事業であるPorticoとPorticoを運営している非営利法人Ithakaが、「大学図書館長は電子ジャーナルの保存に対して、現在どのような考えでいるのか」を調査し、その結果を報告書としてまとめています。

Digital Preservation of E-Journals in 2008: Urgent Action Revisited
http://www.portico.org/comment/wp-content/uploads/2008/05/porticosurveyondigitalpreservation.pdf

参考:
CA1645(No.294)電子ジャーナルのアーカイビングの現状:レポートE-Journal Archiving Metes and Boundsを中心に

NPO法人共同保存図書館・多摩のウェブサイト

東京・多摩地区における共同保存図書館を普及展開することを目的として、2008年4月にNPO法人として設立された「共同保存図書館・多摩」が、ウェブサイトを開設しています。

特定非営利活動法人共同保存図書館・多摩
http://www.geocities.jp/depo_tama/index.html

UK LOCKSS の事業評価書公表

英国情報システム合同委員会(JISC)の支援の下で実施されているパイロット・プロジェクト“UK LOCKSS”の事業評価書が公表されています。技術的サポートの達成、参加図書館間のコミュニティ形成やワークショップやプレゼンテーションを通じた各参加館の意識の向上、といった成果が得られた反面、アーカイブしたコンテンツをリンクリゾルバ経由で図書館システムからアクセスできない等の問題が発生していること、英国の電子ジャーナル・ナショナルサイト・ライセンス“NESLi2”のメンバー出版社がほとんど参加せず、参加に向けた交渉も不調に終わったこと、自立的で持続可能な連合組織の形成に至らなかったこと、などの課題を指摘しています。

Evaluation of the JISC UK LOCKSS Pilot

2007年版保存すべき録音資料25点(LC)

米国議会図書館(LC)は2003年から、全米録音資料保存法(2000年制定)に基づき、将来にわたり保存すべき録音資料を登録する「全米録音資料登録簿(National Recording Registry)」の作成を開始していますが、このほどその2007年版資料リストが発表されました。リストに挙げられているのは、1920年代から1980年代までの25点で、ジャズの名盤、大統領の演説のほか、1982年に発売され、全世界で1億枚以上の販売数を誇るマイケル・ジャクソンのアルバム「Thriller」も含まれています。

The National Recording Registry 2007
http://www.loc.gov/rr/record/nrpb/nrpb-2007reg.html

新潟県中越地震の災害資料を収集・保存・公開する取組み

新潟日報が、新潟県中越地震・中越沖地震の被害・救援・復旧・復興に関わる様々な記録を収集・保存・公開していこうとする長岡市立中央図書館の取組みを伝えています。

長岡の図書館が地震資料収集 - 新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=2&newsNo=110118

長岡市立中央図書館文書資料室 災害アーカイブス
http://www.lib.city.nagaoka.niigata.jp/monjo/s-archives/index.html

参考:
E675 - 新潟県中越沖地震による県内図書館の被害状況と現状
http://current.ndl.go.jp/e675
CA1630 - 災害時における資料保全活動の一元化 / 尾立和則

欧州における音楽映像資料の保存状況調査報告書

欧州連合(EU)の“Culture 2000”プログラムの支援のもと,視聴覚資料保存のための教育活動を行なっている「TAPE(Training for Audiovisual Preservation in Europe:欧州における視聴覚資料保存のための研修)」が2007年に実施した、欧州(西欧・中欧・東欧)の890機関を対象とした音楽映像資料の保存状況調査の結果を報告しています。回答した96機関のうち、資料保存プログラムを実施中・計画中という機関は36機関に留まったなどの結果が出ています。

E770 - NDL,和図書劣化に関する調査結果を公表

国立国会図書館(NDL)はこのほど,2005~2006年度に実施した和図書の劣化傾向に関する調査結果をまとめた『図書館調査研究リポート』No.8をウェブサイト「カレントアウェアネス・ポータル」で公表した。...

ページ