読書

2006年版「全国農村読書調査」の結果(日本)

社団法人家の光協会が毎年実施している全国農村読書調査の2006年版(第61回)が、同協会のウェブサイトで公開されています。今年は、昨年までと標本抽出方法が変わっているため、経年比較はむずかしいようですが、総合読書率、雑誌読書率とも過去最低水準であるとのことです。第61回全国…

ケニア・ペルーの遠隔地向け図書館サービスを紹介するDVD

カナダのテレビディレクターが作成した、ケニアとペルーにおける遠隔地への図書館サービスを紹介するドキュメンタリー“REMOTE ACCESS: Distant Libraries of the World”が、DVDで販売されています。その動画のダイジェストは、ウェブサイトでも見ることができます。このDVDでは、ラクダやロバを使って…

ホロコースト生存者の回顧録を読む読書プログラム、ブログ上で展開

ブログを活用した読書プログラムがミシガン州で、Margaret Lincoln氏により進められています。この企画は、ホロコースト生存者である ゲルダ・ヴァイスマン・クライン 氏(Gerda Weissmann Klein)の回顧録『All But My Life』を読み、その感想や、これまでのホロコーストに関する学習歴などをブログ上で…

現代の図書館 44(3)

現代の図書館Vol.44 No.3http://www.jla.or.jp/gendai.htm特集:高齢者と図書館高齢者と図書館高島涼子英米の高齢者サービスガイドラインに見る高齢者観入江有希高齢者の図書館利用と読書活動をめぐる問題堀 薫夫利用者高齢化への高齢者サービス‐回想法による試み白根一夫エルダーカレッジ‐学び続…

ブルネイに新たなコミュニティ図書館

ブルネイで、来年5月に開館を予定している国内4番目のコミュニティ図書館(Community Library)の定礎式が行われました。約8,000㎡の建物には、閲覧室、視聴覚室などのほか、インターネット端末や、子どもの読書を促進するための児童コーナーも設置される予定です。New library to be built in Brunei Muara for …

全国読書キャンペーンで57万5千冊を無料配布(オランダ)

オランダでは、10月20日から11月17日まで、全国読書キャンペーンが開催されていますが、この期間中、図書館の利用カードを持っている人は誰でも、1973年に刊行されたベストセラー小説“Dubbelspel”(英訳すると“Double Play”)を無料でもらえます。このキャンペーンのため、オランダ図書館協会…

IFLAソウル大会の議事録(読書分科会、目録分科会RG)

IFLAソウル大会の議事録(読書分科会、目録分科会の2レビューグループ(ISBD、FRBR))が公表されています。Reading Section, Minutes of the Meetings of the Standing Committee, August 2006, Seoul, Koreahttp://www.ifla.org/VII/s33/annual/s33-minutes2006.pdfIFLA Cataloguing Section's ISBD Review Group Summary of Meetings held in Seoul, August, 2006ht…

すべてを捨てて、本を読もう!−シンガポールの読書イベント

シンガポール図書館委員会は、2006年11月1日から3か月間の読書推進イベント“D.E.A.R”(Drop Everything And Read)を行うと発表しました。1度に借りられる本の冊数が8冊から16冊に増えるほか、1度に8冊借りるとバッグがもらえたり、旅行が当たるクイズが行われたりなどするようです。Drop Everything And Re…

「教育・文化週間」のイベント(日本)

2006年も、10月27日の「文字・活字文化の日」から11月9日までの2週間が「読書週間」として位置づけられていますが、この期間内の11月1日から11月7日までは、「教育・文化週間」にもあたっています。この「教育・文化週間」、またその前後に行われる各機関(大学図書館や都道府県立図書館を含…

男性図書館職員のカレンダーで寄付募集(米国)

米国テキサス州図書館協会では、災害援助の寄付金募集活動の一環として、「貴重な天然資源」である男性図書館職員のカレンダーを作成・販売しています。Men of TLA Calendarhttp://www.txla.org/temp/TLAmen.htmlOctober 05, 2006付けLISNewsの記事http://marketing.lisnews.org/article.pl?sid=06/10/05/219249参考:CLA、男性の読書…

ページ