読書

「図書館および読書振興法全面改正案」が国会を通過(韓国)

韓国では、「図書館および読書振興法」の改正案が議員立法として相次いで国会に提出され、審議されていましたが、9月8日、2005年6月1日提出の全面改正案を一部修正した法案が国会を通過しました。これにより、新しく「図書館法」が成立することになりました。今後は、読書振興に関する法…

図書館の本が60年の冒険を終える

米国のポートランド公共図書館で60年前、9歳の少年がクジラの子どもの冒険話を書いた本“The Baby Whale, Sharp Ears”を借りて行きました。借りていかれた本は1946年6月7日までに図書館に帰ってこなければならなかったのですが、その後少年と共にニューヨークに行ってしまいました…。先ごろ、69歳…

読書の宿題が終わるまで新学期はお預け?(米国)

米国テキサス州には、夏休みの読書の宿題をやって来なかった生徒に対して、宿題を終わらせるまで夏休みを延長するという対応を取っている学校があるそうです。一見生徒にとっては嬉しい制度のようにも見えますが、宿題をやっていないと新学期に学校に行っても家に帰されるらしく、この…

第25回禁書週間(米国)

米国では、図書館や書店が読書の自由を訴えるイベント「禁書週間」(Banned Books Week)が、毎年9月に行われています。今年は25周年の節目の年で、9月23日〜30日に行われます。More than a book a day challenged in U.S. schools, librarieshttp://www.ala.org/ala/pressreleases2006/august2006/bbw06.htm参考:ALA、批判の多かった図…

子ども読書推進運動の景品を回収(米国)

米国では多くの公共図書館で、子供向けの読書推進運動が推進されていて、ごほうびに犬や猫などのマスコットを子どもにプレゼントしているところがあります。ところが、多くの図書館で採用したマスコットから、基準値を超える鉛が検出されたため、米国消費者製品安全委員会(Consumer Product S…

中国、2010年までに農村に読書施設20万箇所を建設する計画

人民日報によると、中国では2010年までに、農村地域に合計20万箇所の読書施設「農家書屋」を建設する計画であるとのことです。各「農家書屋」には、図書1千冊以上、雑誌30タイトル以上、電子メディア100点以上を備えることになっており、本が買えない・読めないという農民の問題を解決する…

シンガポールの読書推進運動

人々に読書の楽しさを伝えるとともに、読書を通じてシンガポール人としての自己を見直し、異文化理解につなげてもらうことを目的としたシンガポール図書館委員会(NLB)の読書推進キャンペーン“Read! Singapore”が、5月25日から8月6日までの日程で行われています。このキャンペーンでは、シ…

有害コンテンツは周りの人に見えなければいい?(米国)

米国アリゾナ州のTucson-Pima公共図書館では、館内のコンピュータに、有害コンテンツを閲覧しているのが通りがかりの人から見えないようにするスクリーン(Privacy Screen)をかぶせることを決めるそうです。同館があるPima郡の議会では、あくまでインターネットフィルタリングの導入を主張する…

「小さな図書館」支援事業の開始(韓国)

韓国国立中央図書館では、2006年4月から専任チームを設置し、地域密着型の読書施設「小さな図書館」の建設を推進しています。居住地から歩いて10分くらいのところに、30〜50坪程度の「小さな図書館」を作り、読書・文化プログラムを提供するというものです。2006年から2008年までの3年間は、…

公共図書館でロック!(米国)

十代の子どもたちの読書を推進するために、公共図書館でロックのコンサートをするバンドがいるそうです。50-library tour by a rock bandhttp://features.lisnews.org/article.pl?sid=06/07/12/2055211Libraries Rock!http://ypulse.com/archives/2006/07/libraries_rock.php

ページ