読書

【イベント】専修大学文学部創立50周年記念シンポジウム『地域から出版と読書の未来を考える』(11/6・鳥取)

2016年11月6日、鳥取県米子市にある今井書店本の学校ホールにおいて、専修大学文学部創立50周年記念シンポジウム『地域から出版と読書の未来を考える』が開催されます。

本を届け、本を通して子どもから大人、高齢者、障害者がともに学び合うノーマライゼーション社会について、地域から考えてみることを目的としており、野口武悟氏(専修大学文学部教授)による基調講演「共生社会における出版・図書館の役割」の後、「地域から出版と読書の未来を考えるー書店、図書館、読書活動、アクセシビリティの立場から」をテーマにパネルディスカッションが行われます。

パネルディスカッションの登壇者は、野口氏のほか、植村八潮氏(専修大学文学部教授)、永井伸和氏(今井書店グループ会長)、小林隆志氏(鳥取県立図書館)、前田昇氏(NPO法人本の学校副理事長)、児島陽子氏(鳥取大学附属特別支援学校) です。

入場無料で事前の申し込みも不要です。

11/6(日) 『地域から出版と読書の未来を考える』in 鳥取県(専修大学)
http://www.senshu-u.ac.jp/sc_grsc/bungaku/letters_50th/_14753/_14764/_15673.html

参考:
CA1879 - 山梨県立図書館の取組み―地元書店と連携した読書活動促進事業― / 齊藤 秀

毎日新聞社、「第62回学校読書調査」の結果概要を公表

2016年10月26日付けの毎日新聞で、全国学校図書館協議会(全国SLA)と合同で実施した「第62回学校読書調査」の結果の概要が発表されています。

調査は6月に、全国の小学4年生から高校3年生を対象に実施され、8,711人から回答を得たものです。

記事では、学校図書館で働く先生にしてもらいたいことに関する調査に対し、図書館の案内や本の紹介より、「安心できる場」を作ってほしいと望む中高生が多かったことや、小中高ともライトノベルを読む児童・生徒が本を多く読む傾向があったことが指摘されています。

学校読書調査 学校図書館は「安心できる場」に(毎日新聞,2016/10/26)
http://mainichi.jp/articles/20161027/k00/00m/040/101000c

第62回学校読書調査 ライトノベルが人気 おもしろい本、もっと(その1)(毎日新聞,2016/10/27)
http://mainichi.jp/articles/20161027/ddm/010/040/028000c

第62回学校読書調査 ライトノベルが人気 おもしろい本、もっと(その2止)(毎日新聞,2016/10/27)
http://mainichi.jp/articles/20161027/ddm/010/040/029000c

八戸ブックセンター、2016年12月4日にオープン

市長の政策公約に掲げられた「本のまち八戸」を推進する拠点施設として整備が計画されていた「八戸ブックセンター」が、2016年12月4日にオープンすると発表されています。

当日はオープニング記念として、八戸ブックセンターのディレクションを担当している内沼晋太郎氏と、八戸市長・小林眞氏のトークイベントが開催されます。

12月4日(日)、八戸ブックセンターOPEN!(八戸ブックセンター,2016/10/21)
https://8book.jp/287/

関連:
八戸ブックセンター(八戸市)
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/9,0,219,513,html

武雄市図書館(佐賀県)、武雄を舞台にしたテーブルトークアールピージー(TRPG)を実施

2016年11月13日、佐賀県の武雄市図書館で、武雄を舞台にしたテーブルトークアールピージー(TRPG)が行われます。

TRPGとは、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を用いて、会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶ“対話型”のロールプレイングゲームです。

対象は、中学生及び高校生(成人も可)で、参加費は無料ですが、定員は10人です。

【イベント】武雄を舞台にしたTRPG【11月13日】(武雄市図書館)
https://www.epochal.city.takeo.lg.jp/winj/opac/info-detail.do;jsessionid=0EDCF45CB6930B7BB9957B75BACAE8B0?idx=3

参考:
なぜ図書館は『ダンジョンズ&ドラゴンズ』を所蔵していないのか(記事紹介)
Posted 2015年10月6日
http://current.ndl.go.jp/node/29587

山中湖情報創造館、ボードゲームの館内貸出し開始 あわせて月1回ペースで「ボードゲームの日」も実施
Posted 2015年7月17日
http://current.ndl.go.jp/node/28944

英国読書協会、プライマリー・ヘルス・ケアの専門家向けの読書療法に関するブックレットを公開

2016年10月19日、英国読書協会(RA)は、英国図書館長協会(SCL)など複数の機関と共同で、読書療法(Bibliotherapy)に関するブックレット“Books on Prescription: How bibliotherapy can help your patients and save your practice time and money”を公開しました。

ブックレットは、開業医などプライマリー・ヘルス・ケアの専門家を対象にプライマリーケア協会によって作成されたもので、メンタル面での健康に関する図書のリストを公共図書館を通じて提供する“Reading Well”プロジェクトの効用や、それが如何なる場面においても効果的である理由を説明しています。

The Reading Agency, Society of Chief Librarians & Robinson Books to launch bibliotherapy booklet for GPs(RA,2016/10/18)

山形県立図書館、山形県図書館大賞作品展を開催

2016年10月25日から12月28日まで、山形県立図書館で、山形県図書館大賞作品展が開催されます。

今年で2回目の開催で、県内市町村の図書館・図書室の職員に加え、高等学校図書館の学校司書をあわせた353名が投票に参加し、1次投票で票を獲得した481作品から2次投票を経て、多くの票を集めた44作品を「山形県図書館大賞」作品として発表・展示するものです。

県内図書館職員からのおすすめコメントを掲載した帯や手書きコメントカードもあわせて掲示されます。

山形県図書館大賞作品展の開催について(山形県立図書館,2016/10/19)
https://www.lib.pref.yamagata.jp/osirase/index.html

チラシ
https://www.lib.pref.yamagata.jp/files/attach/files809_1.pdf

趣旨
https://www.lib.pref.yamagata.jp/files/attach/files809_2.pdf

参考:
CA1871 - 研究文献レビュー:都道府県立図書館論 / 田村俊作
カレントアウェアネス No.327 2016年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1871

米・ヤングアダルト図書館サービス協会、2016年の“Teens’ Top Ten”を公表

2016年10月17日、米国図書館協会(ALA)のヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)が、2016年のティーンが選ぶ、ティーン向けの作品リスト“Teens' Top Ten”を公表しています。

世界中のティーンを対象に、8月15日からティーン読書週間(10月9日から10月15日)終了まで投票が行われ、候補26作品のなかから10作品が選ばれました。

あわせて、2016年中に出版されたものを対象に、2017年の候補の受付を12月31日まで受け付けています。

Official 2016 Teens’Top Ten titles announced(ALA,2016/10/17)
http://www.ala.org/news/member-news/2016/10/official-2016-teens-top-ten-titles-announced

米国芸術科学アカデミーの“Humanities Indicators”による、米国民の読書状況分析(記事紹介)

米国芸術科学アカデミーによる、各種統計に基づいた米国における人文学の客観的な状況を提示するプロジェクト“Humanities Indicators”において、ウェブサイトに“Time Spent Reading”と題した記事が2016年9月付で掲載されています。

2016年6月に公開された、米国労働省労働統計局による15歳以上の米国民を対象とした、時間消費に関する調査“American Time Use Survey”を基に、読書時間(週末や祝日に余暇として読書する時間(1日当たり))について、2005年以降のデータとともに調査・分析したものです。

・2015年の読書時間は21分で、2005年から6分ほど減少した。
・学歴別に見ると、高学歴であるほど費やす時間が長いという相関があり、2015年時点の高校を卒業していない人の8分に比べ、大学卒業者は32分と、4倍となっている。
・学歴別に2005年と2015年の読書時間比較すると、下げ幅が大きいのは大学卒業者で、45分から2015年は30分に減少している。

国内33の図書館で世界の古典作品を読む読書会プログラムを実施中(韓国)

韓国国内の33の図書館で、2016年9月中旬から11月まで、世界の古典作品を読んで議論する読書会プログラム「古典人文学堂」が開催されています。

文化体育観光部と韓国図書館協会が試験的に行なうもので、1人では理解しがたい世界の古典作品を分量を定めて予め読んでおき、元大学教師や非常勤講師、研究家、著述家等からなる講師による解説を受けた後、参加者同士で議論する読書会プログラムで、最終的には作品を読破します。

多く採択された東洋の古典作品は「論語」で、それ以外にも「史記」「道徳経」「三国遺事」が、西洋の古典作品では「ニコマコス倫理学」「君主論」「夢判断」が選ばれています。また、文学作品では、トルストイやシェークスピアの作品が多く採択されており、その他、漢詩や「洪吉童伝」「濁流」も選ばれています。

토론형 집단독서프로그램 ‘고전인문학당’ 운영(韓国・文化体育観光部,2016/9/8)
http://www.mcst.go.kr/web/s_notice/press/pressView.jsp?pSeq=15539&pMenuCD=0302000000&pCurrentPage=1&pTypeDept=&pSearchType=02&pSearchWord=%EB%8F%84%EC%84%9C%EA%B4%80

参考:

米国議会図書館(LC)、2016年の“Library of Congress Literacy Awards”受賞団体を発表

2016年9月23日、米国議会図書館(LC)は2016年の“Library of Congress Literacy Awards”の受賞団体を発表しました。同賞は、米国や世界中のリテラシーや読書に関する取組を表彰するもので、慈善活動家David M. Rubenstein氏がスポンサーとなっています。2016年の受賞団体は以下の3つの取組です。

識字レベルの増加に顕著で、測定可能な貢献をし、識字の発展へのコミットメントに例外的で持続的な深さと幅が実証されている組織に授与される“David M. Rubenstein Prize” (15万ドル):米国の公共放送サービス(PBS)に加盟するWETAが提供する、子どもたちが字を読む方法、多くの子どもたちが苦労する理由、大人たちがどのように手助けをできるかなどといったことに関する情報やリソースを提供するイニシアティブ“Reading Rockets”

識字やリテラシーの重要性について国民の意識を高めることに重大かつ測定可能な貢献をした団体に授与される“The American Prize” (5万ドル):1週間に2回、2年間にわたって子どもたちの家族のもとへ早期リテラシー教育の専門家が訪れ、親子間のやり取りの重要性を教えるなどといった取組を行う“Parent-Child Home Program”

ページ