読書

韓国の教育部と文化体育観光部、「人文学及び人文精神文化振興基本計画」を発表:図書館・博物館や読書活動に関する事業も

2017年1月12日、韓国の教育部と文化体育観光部が「人文学及び人文精神文化振興基本計画」を発表しています。

2016年8月4日に施行された「人文学及び人文精神文化振興に関する法律」に基づく2017年から2021年までの5か年計画で、社会が直面する複雑な問題の解決策は、洞察力・知恵・調和のとれた感性といった人文的価値のなかにあるとし、この計画により、国民の精神と知恵を豊かにすることで、国民生活の質の向上を目指すものとのことです。

聯合ニュースが報じるところによれば、

・小中学校の国語の時間における読書活動(毎学期1冊本を読む)や演劇等の体験学習の実施
・大学生の人文学系単位の必修化
・人文系のポスドクの就職支援(大学や国公立研究機関での研修機会の提供)
・文学、歴史学、哲学における基礎研究の支援や、アラビア語・ギリシア語等の少数言語分野の研究支援、中長期研究(最大7年)への支援拡大
・韓国全体の人文学資料を参照できる総合ポータルの構築
・EUによる欧州文化首都制度にならった「人文都市事業」の実施
・市民によるサークル活動を増やすとともに、図書館や博物館でプログラムを運営することができる退職者の養成
・人文的な環境構築を目的とした、カフェや書店の併設などといった図書館、博物館の改装の支援
・高齢者支援を目的とした図書館での読書療法プログラムの実施

英国図書館長協会会長による2016年の振り返り:他機関との連携とその意義

英国図書館長協会(SCL)の会長Neil MacInnes氏が、2016年に実施した以下の事業を取り上げ、公共図書館による他機関との連携事業とその意義について振り返っています。

・シェイクスピアバースプレイストラスト(Shakespeare Birthplace Trust) 、イングランド芸術評議会(ACE)との連携によるシェイクスピア没後400年記念イベントの開催
・英国放送協会(BBC)との連携による“LovetoRead”事業の成功
・英国読書協会(Reading Agency)との連携による「夏休み読書チャレンジ」(Summer Reading Challenge)の推進
・政府等の支援による若者のメンタルヘルスのための“Reading Well for young people”事業の開始
・Libraries Taskforceとの連携による、公共図書館のデジタル化支援事業の継続
・専門家との連携による図書館員を対象としたプログラミング等に関するワークショップの開催

2016: The Year of Partnerships and Purpose(SCL)
http://goscl.com/2016-the-year-of-partnerships-and-purpose/

参考:

CA1884 - 公共図書館における「夜の図書館」イベント / 松本和代

近年、主に夜の時間帯での開催となるが、通常の開館時間外の時間帯にイベント等を実施する公共図書館が増えている。本稿では、文献やウェブサイトで確認できたそのようなイベントから、地域との連携を図っているものや、こんなイベントを図書館でするのかという、公共図書館としての可能性を広げているものを取り上げ、その内容に基づいて整理し紹介していく。

一般社団法人ビブリオバトル協会が設立される

2016年12月27日、12月2日付けで一般社団法人ビブリオバトル協会を設立したと、同協会からプレスリリースが発表されています。

代表理事は谷口忠大氏です。

法人設立のご挨拶(一般社団法人ビブリオバトル協会,2016/12/27)
http://association.bibliobattle.jp/news/farenshelinogoaiza

江津市図書館(島根県)、「ツイッターで読書会」を実施中:課題本は、星野源『そして生活はつづく』

島根県の江津市図書館が、2017年1月末まで、「ツイッターで読書会」を実施しています。

星野源さんのエッセイ『そして生活はつづく』を読んでの感想を、ハッシュタグ#江津市図書館を付けてツイートするもので、寄せられた感想は、図書館でまとめて報告するとのことです。

Twitter(@goutsu_lib,2016/12/16)
https://twitter.com/goutsu_lib/status/809571064065818625
https://twitter.com/goutsu_lib/status/809571121678815233

高齢者が学童保育で小学生に読み聞かせ:韓国・東豆川市立図書館の事業(記事紹介)

2016年12月7日付の、京畿日報が、韓国・京畿道の東豆川市立図書館が行っている、高齢者による、小学生への読書指導事業を紹介しています。

高齢者の社会的活動や多世代交流の促進、児童の読書活動支援、図書館利用の活性化を目的に行われているもので、高齢者13名が、学童保育を行なっている市内の小学校の教室(돌봄교실)を訪問し、週2回、約300人の児童を対象に読み聞かせを行なっているとのことです。

동두천시립도서관 정보소외계층 아동 독서활동 지원 (京畿日報,2016/12/7)
http://www.kyeonggi.com/?mod=news&act=articleView&idxno=1280450&sc_code=1442307718&page=&total=

英・Libraries Taskforceが、活動計画“Libraries Deliver: an Ambition for Libraries in England 2016-2021”を発表

2016年12月1日、英・Libraries Taskforceが、活動計画“Libraries Deliver: an Ambition for Libraries in England 2016-2021”を発表しています。

中央および地方政府の政策決定者から、住民の協同、生活支援のアクセス手段といったコミュニティのハブとしての図書館の役割についての理解を得て、計画に掲げられたプログラムへの支援がなされることをその目的としており、各地域で行われるそのような活動を、Libraries Taskforceとして支援していくことが述べられています。

図書館がコミュニティに貢献できることとして、

・豊かな文化や創造力
・読書やリテラシーの促進
・デジタルアクセスやデジタルリテラシーの改善
・住民の可能性の最大化の支援
・健康で幸福な暮らし
・さらなる繁栄
・強固で回復力が高いコミュニティの形成

京都府立図書館&京都岡崎蔦屋書店 選書フェア“本のプロたちがご案内「わたしは真悟」をもっと楽しむ○○冊”

ロームシアター京都のオープニング事業として2016年12月23日から12月25日まで上演されるミュージカル「わたしは真悟」にちなみ、同劇場と同じ京都・岡崎地域に位置する京都府立図書館の司書と京都岡崎蔦屋書店コンシェルジュが、同作品の関連本や作品テーマと関連付けた書籍を各々が独自に選書して紹介する「選書フェア“本のプロたちがご案内「わたしは真悟」をもっと楽しむ○○冊”」が12月1日から12月25日まで各会場で開催されています。

各会場では選書リストも配布されています。

ロームシアター京都『わたしは真悟』連動企画第二弾 京都府立図書館&京都岡崎 蔦屋書店による選書フェアを開催します(京都府立図書館)
http://www.library.pref.kyoto.jp/?p=8328

ロームシアター京都オープニング事業 ミュージカル『わたしは真悟』開催記念 関連イベントのお知らせ(ロームシアター京都)
http://rohmtheatrekyoto.jp/news/4948/

韓国・ソウル図書館、読書文化と地域の書店の振興を目的に「移動書店」イベントを実施中

韓国のソウル図書館が、2016年11月24日から11月27日まで、4つの区の図書館で「移動書店」イベントを実施しています。

同イベントは読書文化と地域の書店の振興を目的にしており、「近所の書店が愛した本」をテーマにした書店が推薦する書籍の展示では、購入を希望する書籍を購入用本棚から購入可能なほか、書店の店主による「書店の一日」「書店の発見」「書店の理由」をテーマとしたトークプログラムや、様々な国の言語での童話の読み聞かせなどが行われています。

[보도] 동네 서점이 지역 도서관으로 찾아온다…'움직이는 책방'(ソウル図書館,2016/11/21)
http://lib.seoul.go.kr/bbs/content/3_27412

[국내] 우리 동네 도서관에서 서점을 만나세요, ‘움직이는 책방’(韓国国立中央図書館,2016/11/28)
http://wl.nl.go.kr/1350.su?00005172 http://wl.nl.go.kr/user/0032/nd17680.do?View&uQ2=&uQ=&pageST=SUBJECT&pageSV=&page=1&pageSC

参考:
韓国、改正図書定価制の施行から2年(記事紹介)
Posted 2016年11月21日

【イベント】子ども未来フォーラム ~デジタル教材と学校図書館~(12/3・東京)

2016年12月3日、東京学芸大学において、2016 東京学芸大学 子ども未来フォーラム実行委員会主催の「子ども未来フォーラム ~デジタル教材と学校図書館~」が開催されます。

デジタル教材が教育現場に導入されるなかで、子どもたちを本やデジタル教材と結び付ける新しい教育方法を提案するものです。

2016 東京学芸大学 子ども未来フォーラム ~デジタル教材と学校図書館~(東京学芸大学)
http://www.u-gakugei.ac.jp/pickup/2016-3.html

チラシ
http://www.u-gakugei.ac.jp/news/2016/161203_kodomo.pdf

ページ