読書

高齢者が学童保育で小学生に読み聞かせ:韓国・東豆川市立図書館の事業(記事紹介)

2016年12月7日付の、京畿日報が、韓国・京畿道の東豆川市立図書館が行っている、高齢者による、小学生への読書指導事業を紹介しています。

高齢者の社会的活動や多世代交流の促進、児童の読書活動支援、図書館利用の活性化を目的に行われているもので、高齢者13名が、学童保育を行なっている市内の小学校の教室(돌봄교실)を訪問し、週2回、約300人の児童を対象に読み聞かせを行なっているとのことです。

동두천시립도서관 정보소외계층 아동 독서활동 지원 (京畿日報,2016/12/7)
http://www.kyeonggi.com/?mod=news&act=articleView&idxno=1280450&sc_code=1442307718&page=&total=

英・Libraries Taskforceが、活動計画“Libraries Deliver: an Ambition for Libraries in England 2016-2021”を発表

2016年12月1日、英・Libraries Taskforceが、活動計画“Libraries Deliver: an Ambition for Libraries in England 2016-2021”を発表しています。

中央および地方政府の政策決定者から、住民の協同、生活支援のアクセス手段といったコミュニティのハブとしての図書館の役割についての理解を得て、計画に掲げられたプログラムへの支援がなされることをその目的としており、各地域で行われるそのような活動を、Libraries Taskforceとして支援していくことが述べられています。

図書館がコミュニティに貢献できることとして、

・豊かな文化や創造力
・読書やリテラシーの促進
・デジタルアクセスやデジタルリテラシーの改善
・住民の可能性の最大化の支援
・健康で幸福な暮らし
・さらなる繁栄
・強固で回復力が高いコミュニティの形成

京都府立図書館&京都岡崎蔦屋書店 選書フェア“本のプロたちがご案内「わたしは真悟」をもっと楽しむ○○冊”

ロームシアター京都のオープニング事業として2016年12月23日から12月25日まで上演されるミュージカル「わたしは真悟」にちなみ、同劇場と同じ京都・岡崎地域に位置する京都府立図書館の司書と京都岡崎蔦屋書店コンシェルジュが、同作品の関連本や作品テーマと関連付けた書籍を各々が独自に選書して紹介する「選書フェア“本のプロたちがご案内「わたしは真悟」をもっと楽しむ○○冊”」が12月1日から12月25日まで各会場で開催されています。

各会場では選書リストも配布されています。

ロームシアター京都『わたしは真悟』連動企画第二弾 京都府立図書館&京都岡崎 蔦屋書店による選書フェアを開催します(京都府立図書館)
http://www.library.pref.kyoto.jp/?p=8328

ロームシアター京都オープニング事業 ミュージカル『わたしは真悟』開催記念 関連イベントのお知らせ(ロームシアター京都)
http://rohmtheatrekyoto.jp/news/4948/

韓国・ソウル図書館、読書文化と地域の書店の振興を目的に「移動書店」イベントを実施中

韓国のソウル図書館が、2016年11月24日から11月27日まで、4つの区の図書館で「移動書店」イベントを実施しています。

同イベントは読書文化と地域の書店の振興を目的にしており、「近所の書店が愛した本」をテーマにした書店が推薦する書籍の展示では、購入を希望する書籍を購入用本棚から購入可能なほか、書店の店主による「書店の一日」「書店の発見」「書店の理由」をテーマとしたトークプログラムや、様々な国の言語での童話の読み聞かせなどが行われています。

[보도] 동네 서점이 지역 도서관으로 찾아온다…'움직이는 책방'(ソウル図書館,2016/11/21)
http://lib.seoul.go.kr/bbs/content/3_27412

[국내] 우리 동네 도서관에서 서점을 만나세요, ‘움직이는 책방’(韓国国立中央図書館,2016/11/28)
http://wl.nl.go.kr/1350.su?00005172 http://wl.nl.go.kr/user/0032/nd17680.do?View&uQ2=&uQ=&pageST=SUBJECT&pageSV=&page=1&pageSC

参考:
韓国、改正図書定価制の施行から2年(記事紹介)
Posted 2016年11月21日

【イベント】子ども未来フォーラム ~デジタル教材と学校図書館~(12/3・東京)

2016年12月3日、東京学芸大学において、2016 東京学芸大学 子ども未来フォーラム実行委員会主催の「子ども未来フォーラム ~デジタル教材と学校図書館~」が開催されます。

デジタル教材が教育現場に導入されるなかで、子どもたちを本やデジタル教材と結び付ける新しい教育方法を提案するものです。

2016 東京学芸大学 子ども未来フォーラム ~デジタル教材と学校図書館~(東京学芸大学)
http://www.u-gakugei.ac.jp/pickup/2016-3.html

チラシ
http://www.u-gakugei.ac.jp/news/2016/161203_kodomo.pdf

米・ニューヨーク公共図書館、子どもとヤングアダルト向けの休日に読むお勧め本リストを公開

2016年11月23日、感謝祭やクリスマスなどによる休日が多くなる時期を迎え、ニューヨーク公共図書館(NYPL)が、子どもとヤングアダルト向けのお勧め本リストを公開しました。

2016年に出版された図書の中から、同館の担当職員が選んだ子ども向けの本100冊とヤングアダルト向けの本50冊のリストで、ジャンル・型式・年代でのソートなどができるウェブサイトも12月1日に公開される予定です。

New York Public Library Reveals its List of Best Books for Kids and Teens Just in Time for The Holidays(NYPL,2016/11/23)
https://www.nypl.org/press/press-release/november-23-2016/new-york-public-library-reveals-its-list-best-books-kids-and

新潟県の燕市と三条市で「まちなか青空図書館」が実施される

2016年11月12日に、燕三条青年会議所が、新潟県の燕市と三条市内で「まちなか青空図書館」を実施しています。

「まちなか青空図書館」は、燕市と三条市内にある空き地2か所に開設された1日だけの図書館で、燕市の会場は「体験型青空図書館」、三条市の会場は「くつろぎスペース“土手”」をテーマに行われました。

【告知】“空き地”が 図書館に変身!?「まちなか青空図書館」計画!(燕三条青年会議所,2016/10/14)
http://tsubamesanjo-jc.or.jp/2016/topics/4193/

三条市と燕市の空き地に1日だけの「まちなか青空図書館」が開館(新潟・県央情報交差点,2016/11/15)
http://www.kenoh.com/2016/11/15_aozora.html

Twitter(@tsubamesanjo_jc,2016/11/12)
https://twitter.com/tsubamesanjo_jc/status/797237953609093120
https://twitter.com/tsubamesanjo_jc/status/797240271322816512
https://twitter.com/tsubamesanjo_jc/status/797245681576460288

米国図書館協会児童図書館サービス部会、ブックリスト“Unity. Kindness. Peace.”を公開

2016年11月11日、米国図書館協会(ALA)の児童図書館サービス部会(ALSC)が、新しいブックリスト“Unity. Kindness. Peace.”を公開しました。

調和を創造し、他人に親切にし、平和を促進するという考えを共有するために作成されたもので、図書館員、保護者、教員を対象に、選挙後に大人が混乱する中、自身の考えや思いを表現するための手掛かりを求めている子どもたちを支援する本のリストとなっています。

Unity. Kindness. Peace. ー a new booklist from ALSC(ALA,2016/11/11)
http://www.ala.org/news/press-releases/2016/11/unity-kindness-peace-new-booklist-alsc

「2016ソウル市図書館地図」「2016ソウル市本屋地図」が完成し、無料での配布を開始(韓国)

2016年11月8日、韓国のソウル市図書館が、ソウル市内の図書館と書店の地図を作成し、同館ほかの公共図書館や、区役所、観光案内所での無料配布を開始しています。

「2016ソウル市図書館地図」には、表に公立図書館166館、裏面に小さな図書館等1,000館以上の図書館の、住所、電話番号、ホームページアドレス等が記載されており、同じく掲載されているQRコードを通じて、ソウル市図書館が同館ウェブサイトで公開している図書館検索サービスから詳細な情報を検索することができるようになっています。また、1枚の利用者カードで全国複数の図書館を利用できる「チェギウム」サービス加盟館についても別記されています。あわせて、外国人向けの英語版も作成されています。

「2016ソウル市本屋地図」には、市内370点以上の新刊書店や、80点の古本屋の住所や電話番号を記載しており、その他、国内の書店を紹介するリストも掲載されています。また、同じく、QRコードを通じて、ソウル市図書館が同館ウェブサイトで公開している書店検索サービスから詳細な情報を検索することができるようになっています。また、訪問した書店についてメモをすることができる欄も設けられています。

来年にはデータの改善のため、書店の全店調査を実施するほか、関連イベントも実施する予定とのことです。

北海道日本ハムファイターズ、北海道ブックシェアリングに、ファンから寄せられた書籍1,716冊を寄贈

2016年11月9日、北海道日本ハムファイターズは、読書促進全道キャンペーン「グラブを本に持ちかえて」の一環で、札幌ドームでの公式戦開催日にファンから寄せられた書籍1,716冊を一般社団法人「北海道ブックシェアリング」に寄贈したと発表しています。

寄贈を受けた書籍は、北海道ブックシェアリングが、整理・分類し、道内や東北被災地の保育所や公民館などに提供するとのことです。

「読み終えた本をみんなでシェア」1716冊を寄贈(北海道日本ハムファイターズ,2016/11/9)
http://www.fighters.co.jp/news/detail/6602.html

北海道日本ハムファイターズ様より図書をご提供いただきました (北海道ブックシェアリングブログ,2016/11/9)
http://ameblo.jp/booksharing/entry-12217872320.html

参考:
北海道ブックシェアリング、プロ野球球団・北海道日本ハムファイターズによる「読書促進全道キャンペーン「グラブを本に持ちかえて」」の一環として集められた481冊の本を受贈
Posted 2015年10月26日
http://current.ndl.go.jp/node/29750

ページ