イタリア

ヨーロッパにおける子どものインターネット利用傾向

新しいメディアや関連技術と教育への影響について調査研究を行っているベルギーのMEDIAPPRO社は、2005年1月から2006年6月にかけて、ヨーロッパにおける子どものインターネット利用の傾向に関する調査を行いましたが、このほど調査結果を報告書"Appropriation des nouveaux médias par les jeunes: une enquê…

“World Book Capital”2008年はアムステルダムに

ユネスコ、IFLA、国際出版社協会(IPA)、国際書店機構(IBF)の4団体は2001年から毎年、本と読書を推進する世界的な活動の一環として“World Book Capital”(本の首都)を選んでいます。このたび、2008年の首都として、オランダのアムステルダムが選ばれました。著作権、学術出版、子どもの本など…

CA940 - イタリアにおける図書館ネットワークの構築 / 奥山裕之

イタリアではこれまで10年以上にわたり,文化財・環境財省の主導で全国図書館ネットワーク(Servizio Bibliotecario Nazionale: SBN)の構築が進められてきた。このネットワークは,国立・公共・大学など各種の図書館の蔵書総合目録を作成し,さらに新規の目録データ入力をオンラインにより共同で行…

デジタル文化遺産の多言語オンライン目録

ヨーロッパのデジタル文化遺産の多言語オンラインカタログを作るプロジェクトが進んでいます。2006年には、フランス、イタリアの分が公開されるそうです。Gateway to European digital culture through MICHAEL - New initiative creates worldwide access to European cultural heritagehttp://www.mla.gov.uk/news/press_article.asp?articleid=874

イタリアにおける検閲問題

麻薬撲滅キャンペーンの一環としてイタリア労働社会政策省が青少年向けに指定した推薦図書を14歳の利用者に貸し出したイタリアの図書館員が猥褻な文書を貸し出したとして刑法犯に問われており、波紋を呼んでいる。Censorship in Italy - a librarian on trial on the 17th of June http://www.ifla.org/V/press/pr10-06-20

イタリアの学術ポータルPLEIADI

The PLEIADI Project, a portal for Italian scholarly e-literature in open archives and institutional repositories originated from the collaboration between two major Italian university consortia, CASPUR and CILEA, within the framework of the AEPIC project.http://www.openarchives.it/pleiadi/modules/news/article.php?storyid=50イタリアの大学コンソーシアムであるCASPURとCILEAが共…

ヨーロッパの国立図書館が連合でGoogleに対抗プロジェクト

European libraries join forces against Google global virtual libraryhttp://www.turkishpress.com/news.asp?id=41081ヨーロッパの19カ国の国立図書館が、Googleの書籍デジタル化プロジェクトに対抗して、ヨーロッパの歴史的文献のデジタル化を進めていく協定に調印した。フランスが主導し、イタリア、リトアニア、ルクセンブ…

BLに返還命令

Panel Rules British Library Must Return Looted Italian Manuscript第二次大戦中に収奪され、BLに転売された12世紀イタリアの祈祷書を、Benevento市に返還するようSpoliation Advisory Panelが裁定。

公共貸与権の未整備国をECが提訴

欧州指令に基づいて公共貸与権を制度化していないイタリアとルクセンブルクを、欧州委員会が欧州司法裁判所へ提訴。http://europa.eu.int/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/05/347&format=HTML&aged=0&language=en&guiLanguage=enhttp://intern...

ページ