目録

国際図書館連盟、「国際目録原則覚書2016」の公開について発表

2017年3月2日、国際図書館連盟(IFLA)が、IFLAのウェブサイトで、「国際目録原則覚書2016」(Statement of International Cataloguing Principles 2016)の公開について発表しています。

英語以外の言語への翻訳作業も進行中と説明されています。

New IFLA Standard: Statement of International Cataloguing Principles (ICP) 2016(IFLA,2017/3/2)
http://www.ifla.org/node/11238

国立国会図書館(NDL)、日本十進分類法(NDC)新訂10版の分類基準を公開

2017年1月26日、国立国会図書館(NDL)は、日本十進分類法(NDC)新訂10版の分類基準を公開しました。

書誌データの作成および提供(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/news.html

日本十進分類法(NDC)新訂10版の適用について(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/catstandards/classification_subject/index.html#ndc10

国立国会図書館「日本十進分類法(NDC)新訂10版」分類基準(PDF: 1.1MB)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/NDC10code201701.pdf

国立国会図書館、NDL書誌情報ニュースレター2016年4号(通号39号)を公開

2016年12月22日、国立国会図書館(NDL)は、ウェブサイトに『NDL書誌情報ニュースレター』2016年4号(通号39号)を掲載しました。

NDLが2017年4月から日本十進分類法(NDC)新訂10版を適用するのを機に、NDCの歴史を振り返る記事(2回連載)を掲載しています。

このほか、NDLの書誌データを利用している図書館の事例を紹介しています。

NDL書誌情報ニュースレター2016年4号(通号39号)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2016_4/index.html

更新情報(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/news.html

参考:
国立国会図書館、2017年4月から、日本十進分類法(NDC)新訂10版の適用を開始
Posted 2016年10月5日
http://current.ndl.go.jp/node/32673

CA1850 - 『日本十進分類法』新訂10版の概要 / 髙橋良平
カレントアウェアネス No.324 2015年6月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1850

日本図書館協会、日本十進分類法新訂10版を刊行
Posted 2015年1月27日

国立国会図書館、2017年4月から、日本十進分類法(NDC)新訂10版の適用を開始

国立国会図書館は、2017年4月から、日本十進分類法(NDC)新訂10版の適用を開始します。

現在NDC9版の分類を付与している資料群が対象です。適用開始に先行して、2017年1月に、「日本十進分類法(NDC)新訂10版分類基準」を公開する予定です。

日本十進分類法(NDC)新訂10版の適用について(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/catstandards/classification_subject/index.html#ndc10

参考:
CA1850 - 『日本十進分類法』新訂10版の概要 / 髙橋良平
カレントアウェアネス No.324 2015年6月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1850

これからの学術情報システム構築検討委員会、NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)を公開

2016年8月31日、これからの学術情報システム構築検討委員会は、「NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)」を公開しました。

この方針は、NACSIS-CAT/ILLの再構築に関する意見募集(2016/4/6-4/28実施)を受けて、第14回委員会(6月29日開催)で案を改訂し、第12回大学図書館と国立情報学研究所との連携・協力推進会議(7月19日開催)にて承認されたものです。

NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)の公開について(これからの学術情報システム構築検討委員会、2016/8/31)
http://www.nii.ac.jp/content/korekara/2016/08/nacsis-catill.html

第12回連携・協力推進会議の議事次第と議事要旨を公開しました(大学図書館と国立情報学研究所との連携・協力推進会議、2016/8/31)
http://www.nii.ac.jp/content/cpc/documents/#12

参考:
第14回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨と配布資料の一部が公開
Posted 2016年7月15日
http://current.ndl.go.jp/node/32089

第14回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨と配布資料の一部が公開

2016年7月14日、第14回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨と配布資料の一部が公開されました。

・ERDB-JPパートナー対象範囲変更
・NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)(案)の改訂について

などが議事となり、前者については、出版者及び情報システムベンダー等による参加の枠組みを整備し、パートナー(データ作成機関)拡大を図ること、後者については、方針の改訂案と2016年4月に行われた意見募集に寄せられたうち主なものの集約結果などが、公開された資料に示されています。

第14回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨および配布資料を公開しました(これからの学術情報システム構築検討委員会, 2016/7/14)
http://www.nii.ac.jp/content/korekara/2016/07/14_1.html

参考:
これからの学術情報システム構築検討委員会、NACSIS-CAT/ILLの再構築について意見募集を開始(-4/28)
Posted 2016年4月6日
http://current.ndl.go.jp/node/31273

これからの学術情報システム構築検討委員会、「NACSIS-CAT/ILL の軽量化・合理化について(基本方針案の要点)」の資料を公開

E1809 - クラウド目録:1つの目録にすべてを集約<文献紹介>

 図書館目録は,ウェブにおける存在感が薄い。当文献は,米国の公共図書館は全体で約1億7,000万人の登録利用者を抱え,全米で読まれている本の約半数を所蔵しているにもかかわらず,検索エンジンで本のタイトルを検索すると,オンライン書店やソーシャル読書サービスのGoodreadsの方が,圧倒的上位に表示されるという現状を指摘する。サービスへのアクセス数を比較すると,Goodreadsは,1か月に2,140万人がアクセスし,米国におけるアクセス数ランキングが67位であるのに対して,WorldCatは,2015年4月のアクセス数がわずか49万人でランキングは3,748位とのことである。

これからの学術情報システム構築検討委員会、NACSIS-CAT/ILLの再構築について意見募集を開始(-4/28)

2016年4月6日、大学図書館と国立情報学研究所との連携・協力推進会議の「これからの学術情報システム構築検討委員会」が、「NACSIS-CAT/ILLの再構築について(案)」及び「NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)(案)」を公開し、4月28日まで意見募集を行っています。

「NACSIS-CAT/ILLの再構築について(案)」では、再構築の必要性及び「これからの学術情報システム構築検討委員会」による検討の経過が示されており、「NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)(案)」は、

・書誌作成機能(NACSIS-CAT)の軽量化・合理化
・書誌利用(検索)機能(含むNACSIS-ILL)の強化
・実現に必要な措置
・平成32(2020)年以降の展開

で構成されています。

意見募集後、2016年10月に詳細案を策定し、2017年2月に審議することが予定されています。

なお、NACSIS-CAT/ILL参加館及び同システムを活用している組織または個人を対象としたもので、フォームから意見送付が可能です。

カナダ研究知識ネットワーク、デジタル化された国内の文化遺産コレクションのインデックスを公開

2016年3月31日、カナダ研究知識ネットワーク(CRKN)が“Canadian National Digital Heritage Index”(CNDHI)を公開しました。

大学図書館や、州・準州の図書館などといったカナダ国内の記憶機関(Memory Institution)が所蔵し、デジタル化したカナダの文化遺産のコレクションのインデックスで、デジタル化された文化遺産の認知度やアクセスの向上を通じて、学術調査活動の支援や、資料保存機関内での情報共有を促進することを目指しています。

The Canadian National Digital Heritage Index (CNDHI) is Now Live(CRKN,2016/3/31)
http://crkn.ca/communications/the-canadian-national-digital-heritage-index-cndhi-is-now-live

Canadian National Digital Heritage Index (CNDHI)
http://cndhi-ipnpc.ca/

参考:
カナダ国立図書館・文書館(LAC)、地域の文書遺産機関で保存されている資料の可視性とアクセス強化のためのプログラムDHCPへの助成金を承認

CA1869 - ジャンル・形式用語の動向 ―米国議会図書館の取組みをはじめとして― / 柴田洋子

ジャンル・形式用語は、「ホラー映画」や「探偵小説」「詩」といった、その資料が「何であるか」(what a work is)を表す統制語彙である。その資料の「主題は何か」(what a work is about)を表す件名標目とは異なる用語である。よって,ジャンル・形式用語と件名標目は,同一の資料に付与することもできる。たとえば、観覧車をテーマにした詩集(書籍)であれば、「詩集」というジャンル・形式用語と「観覧車」という主題を表す件名標目が付与されうる。...

ページ