S004 (試行版) - NISO 図書館統計基準の改訂試案を発表

カレントアウェアネス-E

試行版 2002.09.18

 

 S004

NISO 図書館統計基準の改訂試案を発表

 

 米国情報標準化機構(NISO)は,7月26日,図書館統計基準(Z39.7)の2002年改訂版試案の刊行を発表した。この基準は,図書館その他の情報機関に対して,サービスの効果を測定する共通の枠組みを提供している。今回の改訂版の一番の特徴は,「E-metrics」と呼ばれる電子情報資源を扱う統計が含まれていることである。電子情報資源を対象とした統計手法の確立は,図書館を含む情報サービス機関にとって重要な課題として認識されている。なお同試案には,ISOの図書館統計基準2001年改訂版最終試案(ISO2789/FDIS)に基づく国際的な用語定義も取り入れられた。

 同試案はデータベースとして公表されており,NISOのホームページ上からアクセスできる( http://www.niso.org/emetrics/ )。試案の施行期間は本年7月26日から2003年7月31日までの約1年間である。この期間中,NISOはWebサイトやリストサーブにおいて同試案に対する意見をつのっている。

Ref:
http://www.niso.org/news/releases/pr-Z39-7.html
http://www.ansi.org/public/news/2002july/revised_statistics.html