矢野経済研究所、「オタク市場」に関する調査結果を発表

矢野経済研究所は2008年11月10日、アニメ、コミック、同人誌、プラモデル、フィギュア、鉄道模型等を扱う事業者と業界団体を対象に実施した、「オタク市場」に関する調査の結果を発表しました。調査結果サマリーによると、2007年度の電子コミックの市場規模は前年度比147.5%と大幅増の250億円に上ったそうです。分析によるとこれは、携帯電話の画面の大型化やコンテンツの読み込み速度アップなどの高機能化により、コミックを読める環境が整ったこと、それに伴ない、携帯電話向けのコンテンツ配信が増加したことなどに起因するということです。そのほか、同人誌の市場規模が前年度費13.5%増の533億円になったことなどが明らかになりました。今後の市場展望としては、ここ数年間で「オタクコンテンツ」メジャー化が進んでいることなどから、拡大幅は次第に減少するものと推察されています。

矢野経済研究所のプレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/press.php/000410

2008 オタク市場徹底研究
http://www.yano.co.jp/market_reports/C50116000

「オタク市場」は電子コミックを中心に拡大、ただし市場は成熟か--矢野経済研究所 - CNET Japan 2008/11/11付けの記事
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20383434,00.htm

参考:
CA1672(No.297)マンガ同人誌の保存と利活用に向けて -コミックマーケットの事例から-
http://current.ndl.go.jp/ca1672