全米25図書館でアフリカ系米国人野球選手に関する巡回展を開催

米国図書館協会(ALA)が、米国野球殿堂博物館(National Baseball Hall of Fame)と協同し、全米人文科学基金(NEH)の助成を受けて、全米25の図書館を巡回する展示「誇りと情熱:アフリカ系米国人野球選手の経験」を開催すると発表しています。この展示は、野球殿堂博物館で常設展示されているものです。多くは大規模な公共図書館ですが、大学図書館もいくつか含まれています。各図書館はNEHから、2,500ドルを開催費用として受け取るとともに、6週間の開催期間中、少なくとも2回、無料の一般向けレクチャー等を開催する、とのことです。

ALA | Twenty-five libraries selected to host "Pride and Passion" traveling exhibit
http://www.ala.org/ala/newspresscenter/news/pressreleases2008/September2008/PPOpridepassion.cfm