著作権に対する「挑戦」!?:米連邦議会下院、NIHパブリックアクセス方針に対する公聴会を開催

来る2008年9月11日、NIHパブリックアクセス方針に対する公聴会を、米国連邦議会下院法務委員会の「裁判所・インターネット・知的財産小委員会(Subcommittee on Courts, the Internet, and Intellectual Property)」が開催する予定であると、Library Journal誌(ウェブ版)が9月5日に速報しています。この公聴会は、NIHパブリックアクセス方針と知的財産権との干渉という、出版者の懸念事項を是正する新たな立法活動であると、同記事は報じています。

法案の詳細は未だ不明ですが、記事公表後に明らかにされた、同小委員会の予定表によると、9月11日に“Hearing on: H.R.____, Fair Copyright in Research Works Act”と題する公聴会を開催することが明記されており、新たな立法活動が暗示されています。

すでに“Open Access News”や“Digital Koans”では、議員への陳情活動の呼びかけが行われています。

NIH Public Access Policy To Face Copyright Challenge in Congress?
http://www.libraryjournal.com/article/CA6593398.html

Hearings for 110th Congress
(米国連邦議会下院法務委員会・裁判所・インターネット・知的財産小委員会の予定)
http://judiciary.house.gov/hearings/legislation.html

Is the NIH Public Access Policy in Danger? House Subcommittee to Hold Hearing
(Digital Koans 記事より)
http://www.escholarlypub.com/digitalkoans/2008/09/07/is-the-nih-public-access-policy-in-danger-house-subcommittee-to-hold-hearing/

Publishers go to Congress to undo the NIH policy
(Open Access News記事より)
http://www.earlham.edu/~peters/fos/2008/09/publishers-go-to-congress-to-undo-nih.html

参考:
E741 - NIHパブリックアクセス方針義務化等を含む予算案が成立
http://current.ndl.go.jp/e741

ARLとSPARC、AAPの主張「NIHパブリックアクセス方針は著作権法違反では?」に反論
http://current.ndl.go.jp/node/8333