10月14日は「オープンアクセスの日」

SPARC(Scholarly Publishing and Academic Resources Coalition)、Students for FreeCulture、PLoS(Public Library of Science)の3機関が協同で、2008年10月14日を「オープンアクセスの日(open access day)」として、公的助成研究のオープンアクセス化の推進を含む、オープンアクセスの意義を周知するイベントを開催すると発表しています。

同日には、ノーベル賞受賞者らによるオープンアクセスに関する講演のウェブキャストの配信、「なぜオープンアクセス活動に参加しているのか」を研究コミュニティに属する人々が1分で語る動画“Voices of Open Access Video Series”の配信が行われます。これにあわせて、各地の大学・図書館等で、人々を集めたイベントを行うよう、図書館員や学生に呼びかけています。

またオープンアクセスTシャツやバッジも作成されています。Tシャツのデザインは2種類で、抽選で25名ずつが無料でもらえるそうです。

To broaden awareness and understanding of Open Access | Open Access Day - October 14, 2008
http://openaccessday.org/

FIRST OPEN ACCESS DAY TO BE HELD OCTOBER 14, 2008 (SPARC)
http://www.arl.org/sparc/media/08-0828.shtml

Participate in Open Access Day and help celebrate our 5th birthday | Public Library of Science
http://www.plos.org/cms/node/394