欧州委員会も研究助成の成果を、部分的にオープンアクセス化

欧州委員会(EC)は8月20日、研究開発プログラム“Seventh Framework Programme(FP7)”により500億ユーロ(約8兆円)以上の助成を受ける一部分野の研究成果について、6~12か月以内にオープンアクセス化を試験的に義務付ける決定をおこないました。
対象となる分野は次の7分野です。
・保健
・エネルギー
・環境
・情報通信技術
・研究基盤(e-Infrastructures)
・社会経済学・人文学(Socio-economic Sciences and Humanities)
・社会における科学(Science in Society)

この試験的義務化は、次期研究開発プログラムにおけるオープンアクセス義務化の対象分野や地域の拡大を視野に入れたものとしています。

Better access to scientific articles on EU-funded research: European Commission launches online pilot project
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/08/1262&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en

欧州委員会の決定本文
http://ec.europa.eu/research/press/2008/pdf/decision_grant_agreement.pdf

The European Commission's Open Access Pilot for Research Articles: Frequently Asked Questions
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=MEMO/08/548&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en

参考:E604 - 研究助成成果のオープンアクセスを求める運動,EUに拡大
http://current.ndl.go.jp/e604