NISOとEDItEUR、ONIX for SearialsのXMLフォーマットの新ヴァージョンを発表

出版社の標準化団体EDItEURと米国情報標準化機構(NISO)は、出版社・ベンダーが作成する雑誌流通用のメタデータONIX for Serialsを出版社から図書館まで通して使えるように拡張・標準化するプロジェクトを行っています。

このプロジェクトの中で、電子ジャーナルの流通・購読に関する次の3つのXMLフォーマットが作成されています。

SPS -- Serials Products and Subscriptions
 契約タイトルや契約者のリストを交換するためのフォーマット 
SOH -- Serials Online Holdings
 電子ジャーナルの所蔵を交換・更新するためのフォーマット
SRN -- Serials Release Notification
 利用可能となった新号・新アイテム(論文)を通知するためのフォーマット

今回、SPSとSRNについて、新ヴァージョンが発表されています。

New Versions of ONIX for Serials SRN and SPS
http://www.niso.org/publications/newsline/2008/newslinejuly2008.html#report3

ONIX for Serials
http://www.editeur.org/onixserials.html

SPS: Serials Products and Subscriptions - Version 0.92 (June 2008)
http://www.editeur.org/onixserials/ONIX_SPS092.html

SRN: Serials Release Notification - Version 0.92 (May 2008)
http://www.editeur.org/onixserials/ONIX_SRN09.html

SOH: Serials Online Holdings - Version 1.1
http://www.editeur.org/onixserials/ONIX_SOH1.1.html

NISO/EDItEUR Serials Exchange Information
http://www.niso.org/workrooms/se

参考:
OCLC、出版社・ベンダーのメタデータを活用した目録業務のパイロットプロジェクトを始動
http://current.ndl.go.jp/node/6992
ONIXとERMIのマッピング
http://current.ndl.go.jp/node/7028
E772 - NACSIS-CAT/ILLの「現状における問題点」とは?
http://current.ndl.go.jp/e772
NII、『電子情報資源管理システム(ERMS)実証実験平成19年度報告書』を公開
http://current.ndl.go.jp/node/7716