2007年度の「天才プログラマー/スーパークリエータ」発表される(日本)

情報処理推進機構(IPA)が実施している「未踏ソフトウェア創造事業」(未踏ソフト+未踏ユース)において、2007年度に採択・支援された開発テーマの中から、事業化されたり世界的な学会論文集に掲載されたりした18件(18名)が、「天才プログラマー/スーパークリエータ」として認定されています。図書館情報学分野にも関連しそうなものとしては、ウェブ上の情報を集約・分析し信頼性判断を支援するサーチエンジン「ほんと?サーチ」や、XHTML+MathMLのサブセットとして定義されているフォーマットの文書から自動変換で高品質のPDFを作成し、書籍を簡単に制作できるようにする出版支援ソフト「IdeoType」、普通紙マークシート方式による調査票作成・読み取り集計ソフトウェア「Shared Questionnaire System」などが選ばれています。

プレス発表 18名の天才プログラマー/スーパークリエータを発掘 - 情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/about/press/20080501.html

ほんと?サーチβ
http://hontolab.org/product/honto/
IdeoType: A Book Compiler
http://ideotype.sourceforge.net/
SQS : Shared Questionnaire System
http://sqs-xml.sourceforge.jp/