ニューヨークの公立学校図書館の蔵書は20年遅れ

米国ニューヨークの州立図書館協会が、州内の学校図書館の蔵書の現状を調査したところ、蔵書の平均刊行年は1986年と、20年以上も前であることがわかりました。また小学生向けの図書の平均価格は20.82ドル、中学生向けは23.38ドルであるのに対し、州からの助成は児童・生徒1人あたりでわずか6.25ドルと、相当少ないということもわかったそうです。またこの調査より前にシラキュース大学が実施した調査によると、有資格の学校図書館メディアスペシャリストがおり、図書館に最新の資料が揃えられている学校の統一テスト(英語)の成績は、学校図書館が不十分な学校に比べ10ポイント以上高かったという結果がでており、州立図書館協会は現状の改善を強く訴えています。

The World Has Changed But Not Our Books
New York Library Association Unveils Eye-Opening Report Showing Public School Library Books Are Over 20 Years Old on Average
http://www.nyla.org/index.php?page_id=1520

Photos of Outdated Books in School Libraries
http://www.nyla.org/index.php?page_id=1522
(時代遅れになっている資料の例(書影)が紹介されています)

Report: Average NY School Library Book is More Than Two Decades Old - School Library Journal
http://www.schoollibraryjournal.com/article/CA6539158.html

Study: Higher Test Scores Linked to Certified Media Specialists - School Library Journal
http://www.schoollibraryjournal.com/article/CA6531226.html