UKSGとNISOが電子リソースのナレッジベースに関する共同WGを発足

英国逐次刊行物グループ(UKSG)と米国情報標準化機構(NISO)は、リンクリゾルバや電子情報資源管理システム(ERMS)の中核となるナレッジベース(Knowledge Base)の品質向上を目指して、Knowledge Base And Related Tools (KBART) ワーキンググループを立ち上げています。

KBARTワーキンググループは、電子リソースの流通過程に関連する、出版社、図書館、ベンダーから構成され、まずは、OpenURLによるリンキングの成否を決めるナレッジベースの重要性を各関係機関に認識・理解してもらうために、実務ガイドラインの作成やワークショップの開催、関連情報のポータル構築に取り組むとしています。

NISO and UKSG Partner to Tackle Inefficiencies in OpenURL Supply Chain
http://www.niso.org/news/releases/pr-NISO-UK-1-08.html

Knowledge Base And Related Tools (KBART) Working Group
http://www.niso.org/committees/kbart/index.html

KBART: Knowledge Bases And Related Tools working group
http://www.uksg.org/kbart

Proposal for UKSG Knowledge Base Working Group
http://www.niso.org/pdfs/proposals/kbart_proposal2007.pdf

【トピックス】 knowledge baseをめぐる動向 - USACO New Media News 2008年2月号
http://www.usaco.co.jp/news_archive/new_media_news/un2fc181.html#topics

参考:
UKSG、リンクリゾルバに関する研究報告書を公表
http://current.ndl.go.jp/node/5912
電子リソース管理についてのNISOフォーラムの発表資料
http://current.ndl.go.jp/node/6733