幼児期のテレビ視聴は注意力不足につながる可能性がある?

ニュージーランド、オタゴ大学の研究者が米国の小児科学の雑誌、PEDIATRICSに投稿した論文によると、幼児期からのテレビ視聴は子どもの注力不足に影響を及ぼす可能性が指摘できるということです。全文を無料でダウンロードすることはできませんが、要約は無料で利用できます。

Does Childhood Television Viewing Lead to Attention Problems in Adolescence? Results From a Prospective Longitudinal Study
- PEDIATRICS Vol. 120 No. 3 September 2007
http://pediatrics.aappublications.org/cgi/content/abstract/120/3/532

Early Childhood TV Viewing Can Lead to Attention Problems, Study Says
9/4/2007,School Library Journalの記事
http://www.schoollibraryjournal.com/article/CA6475193.html?rssid=190