FAIR USE法案に図書館団体も賛同(米国)

2007年2月27日、米国第110議会で、下院の共和党・民主党の議員1名ずつが、利用者のフェア・ユースの権利を守るための法案“the Freedom And Innovation Revitalizing U.S. Entrepreneurship Act of 2007”(法案番号:H.R. 1201。頭文字を取って“FAIR USE Act”と呼ばれる)が提出されました。米国図書館協会(ALA)、米国法律図書館協会(AALL)、北米研究図書館協会(ARL)、医学図書館協会(MLA)、専門図書館協会(SLA)の5団体からなる“Library Copyright Alliance”も同日、これを強く支持する声明を発表しています。

Library Copyright Alliance Strongly Supports H.R. 1201, the FAIR USE Act. - Library Copyright Alliance
http://www.librarycopyrightalliance.org/LCAFAIRUSE27Feb2007.pdf
Reps. Boucher and Doolittle Introduce the FAIR USE Act of 2007
http://www.librarycopyrightalliance.org/FairUseIntroFinal.pdf
(※下院のプレスリリース)
H.R. 1201
http://www.librarycopyrightalliance.org/BOUCHE_009_xml.pdf
(※法案全文。3月1日時点で、LCのThomasにはまだ掲載されていません。)

参考:
Library Copyright Alliance Strongly Supports HR 1201, the FAIR USE Act - ARL
http://www.arl.org/news/pr/lca_fair_use_feb07.shtml
「DMCAは著作権保有者側に傾きすぎ」- 米下院議員がフェアユース法案 - MYCOMジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/03/01/102.html