米沢嘉博記念図書館、企画展示「紙資料から見るコミックマーケット展」を開催中:関連トークイベントも実施

明治大学の米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)は、2019年9月6日から11月4日までの休館日を除く期間、同館の1階展示室において入場無料の企画展示「紙資料から見るコミックマーケット展」を開催しています。

同人誌即売会「コミックマーケット」の創設者のひとりである故・米沢嘉博氏の所蔵資料のほか、様々な貴重資料をもとに、コミックマーケットのこれまでを紙資料から読み解く展示とあり、展示資料として、コミックマーケットのカタログ表紙原画や、コミックマーケット準備会発行物等が挙げられています。

2019年9月28日には、明治大学リバティタワー(東京都千代田区)において関連トークイベント「コミケの紙モノを語る ~申込書からダンボール箱まで55万人を支える秘訣~」(参加無料、整理券要)が開催されます。出演者はコミックマーケット準備会共同代表の安田かほる、筆谷芳行、市川孝一の三氏です。

紙資料から見るコミックマーケット展(米沢嘉博記念図書館)
https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-kamicomiket.html

企画展示「紙資料から見るコミックマーケット」関連トークイベント(米沢嘉博記念図書館)
https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/archives/t_event103.html

参考:
CA1672 - マンガ同人誌の保存と利活用に向けて -コミックマーケットの事例から- / 里見直紀,安田かほる,筆谷芳行,市川孝一
カレントアウェアネス No.297 2008年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1672

CA1781 - 米沢嘉博記念図書館の現在 / 山田俊幸
カレントアウェアネス No.314 2012年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1781