英・Jisc、英国の研究・教育機関向けに無料の3Dスキャニングサービスを提供するパイロット事業を実施

2019年9月9日、英・Jiscは、英・ロンドンを拠点とする技術系スタートアップReality Zero Oneの最新ハードウェアを使用し、英国の研究・教育機関向けに無料の3Dスキャニングサービスを提供するパイロット事業を開始したことを発表しています。

各機関がJiscにスキャン対象を送付すると専門家がスキャニング作業を行う仕組みとなっており、作業への立ち合いも可能です。出力結果のデータは各機関で自由に利用できるとともに、Jiscは運用コストを賄うために他機関へのライセンス供与の権利を保持するとあります。

本事業は、高価かつ複雑なスキャニング設備が希少である高等教育において、格差の解消に寄与するものであるとしています。英・バッキンガム大学の歴史・美術史学部長Sarah Fitzpatrick氏によるコメントも掲載されており、重要作品の高品質画像へのアクセスを学生に提供することは大変楽しみで、学生は芸術的手法と保存・修復に関する詳細な問題をよりよく理解できるようになる、と述べています。

From atoms to bits - free 3D scanning on demand(Jisc, 2019/9/9)
https://www.jisc.ac.uk/news/from-atoms-to-bits-free-3d-scanning-on-demand-09-sep-2019

参考:
E2140 - 3D/VR技術と学術図書館の役割に関する報告書
カレントアウェアネス-E No.369 2019.05.30
http://current.ndl.go.jp/e2140