“Google Arts & Culture”で、日本の食文化を伝える「Flavors of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ」が公開

2019年9月10日、Googleは、 日本の食文化を伝える「Flavors of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ」を“Google Arts & Culture”で公開したと発表しています。

農林水産省、立命館大学アート・リサーチセンター、慶應義塾図書館といった20の機関と協力して実現した取り組みで、 3,000点以上の高解像度の画像や動画、ストリートビューを用い、100を超えるオンライン展示を見ることができます(日本語と英語)。

慶應義塾図書館からは、同館が所蔵する「ボン浮世絵コレクション」のデジタル画像が用いられています。

Flavor of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ (Google Japan Blog,2019/9/10)
https://japan.googleblog.com/2019/09/meshiagare-flavors-of-japan.html

Japanese food and flavors come to Google Arts & Culture(Google,2019/9/10)
https://www.blog.google/outreach-initiatives/arts-culture/japanese-food-and-flavors-come-google-arts-culture/

慶應義塾大学メディアセンターがGoogle Arts & Cultureに所蔵資料のデジタル画像を公開(慶應義塾,2019/9/10)
https://www.keio.ac.jp/ja/news/2019/9/10/27-62935/

日本の食文化をテーマとしたページが「Google Arts & Culture」で初公開(農林水産省,2019/9/10)
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/koho/190910.html

Flavors of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ
https://artsandculture.google.com/project/japanese-gastronomy

参考:
慶應義塾大学メディアセンター(図書館)、デジタルコレクションでの新規コレクション公開(明治期浮世絵・国書・漢籍)とコンテンツ追加(対馬宗家文書・相良家文書・富士川文庫)を発表
Posted 2019年4月26日
http://current.ndl.go.jp/node/38100

Google社、“Made in Japan: 日本の匠”に70点超のオンライン展示を追加:全国47都道府県の工芸品の閲覧が可能に
Posted 2017年3月24日
http://current.ndl.go.jp/node/33713

京都国立博物館、“Google Arts & Culture”で所蔵作品を公開
Posted 2016年11月2日
http://current.ndl.go.jp/node/32860