オーストラリア・メルボルン市、市立図書館でフルタイムのソーシャルワーカーを雇用

2019年8月29日、オーストラリア・メルボルン市は、市立図書館でフルタイムのソーシャルワーカーを雇用することを発表しました。

ホームレスの状況にある等、危険にさらされている人々(at-risk people)への支援を提供するプログラムの一環であり、同市に拠点を置きホームレス支援を行っている団体“Launch Housing”と協力し、2020年6月まで任命するとしています。

市立図書館を拠点とするソーシャルワーカーは、メルボルン市の6つの図書館のスタッフに対して研修、支援、報告を行うほか、居住支援、メンタルヘルスや家庭内暴力等に関する外部サービスと人々を結びつける手助け等を行います。

事業のコンセプトは、米国のサンフランシスコ及びデンバーで成功を収めている同様の事業から得たものとあり、2019年2月から5月までの試行期間を経て実施が決定されました。

Libraries start new chapter to support vulnerable(City of Melbourne, 2019/8/29)
https://www.melbourne.vic.gov.au/news-and-media/pages/libraries-start-new-chapter-to-support-vulnerable-.aspx?

Library hires full time social worker(Government News, 2019/9/2)
https://www.governmentnews.com.au/library-hires-full-time-social-worker/
※本取組を紹介するニュース記事です。

参考:
CA1809 - 動向レビュー:ホームレスを含むすべての人々の社会的包摂と公共図書館 / 松井祐次郎
カレントアウェアネス No.318 2013年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1809

E1016 - ホームレス支援のため図書館がソーシャルワーカーを雇用(米)
カレントアウェアネス-E No.165 2010.02.03
http://current.ndl.go.jp/e1016

米・オレゴン州マノトマ郡立図書館システム、ホームレスに対応するため、ソーシャルワーカーと契約(記事紹介)
Posted 2016年5月12日
http://current.ndl.go.jp/node/31576

ワシントンD.C.公共図書館、ホームレス来館者への対応のためソーシャルワーカーを雇用(記事紹介)
Posted 2014年8月29日
http://current.ndl.go.jp/node/26909

米国の公共図書館はホームレス問題への取組みの最前線にある(記事紹介)
Posted 2014年7月18日
http://current.ndl.go.jp/node/26604

サンフランシスコの公共図書館、ホームレス来館者への対応のためソーシャルワーカーを雇用
Posted 2010年1月12日
http://current.ndl.go.jp/node/15608