英国国立公文書館(TNA)、2018/2019年の年次報告書を公開

2019年7月25日、英国国立公文書館(TNA)は2018/2019年の年次報告書である“Annual Report and Accounts of The National Archives 2018-19”の公開を発表しました。

今回発表された年次報告書は2018年4月から2019年3月までの期間を対象に、事業・アカウンタビリティ・財務状況などが報告されており、2015年から4年間実施していた戦略計画“Archives Inspire”の完了を示したものである、としています。

活動報告として、
・40以上の公記録機関から転送された6万9,970件以上の政府記録を登録したこと
・女性が参政権を得てから100年になることを記念する展覧会等を行った一連のプログラム“Suffrage 100”
・英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)、英・Jiscと共同で公開した、特別コレクションの引用データ記述形式に関する報告書“Citation Capture”の作成
・アーカイブ機関が直面している課題等に対応するための、5つの分野横断的な研究の優先事項の設定
・英・電子情報保存連合(DPC)やOpen Preservation Foundation等、デジタル資料の長期保存に関する連合メンバーとしての貢献
などが挙げられています。

Read our annual report and accounts 2018-19(TNA,2019/7/25)
http://www.nationalarchives.gov.uk/about/news/read-our-annual-report-and-accounts-2018-19/

Annual report and accounts 2018-19 highlights(TNA)
http://www.nationalarchives.gov.uk/about/our-role/plans-policies-performance-and-projects/our-performance/

Annual Report and Accounts of The National Archives 2018-19 [PDF:142ページ](TNA)
https://www.nationalarchives.gov.uk/documents/the-national-archives-annual-report-and-accounts-2018-19.pdf

参考:
E2116 - 特別コレクションの引用データ記述形式に関する報告書
カレントアウェアネス-E No.365 2019.03.14
http://current.ndl.go.jp/e2116

英国国立公文書館(TNA)、直面する課題等に対応するための5つの分野横断的な研究の優先事項を発表
Posted 2018年7月27日
http://current.ndl.go.jp/node/36403

Open Preservation Foundationに、英国国立公文書館(TNA)が加盟
Posted 2018年2月21日
http://current.ndl.go.jp/node/35525