米・Ithaka S+R、イシューブリーフ“What’s a Collection Anyway?”を公開

米・Ithaka S+Rは、2019年6月6日付けのブログ記事において、イシューブリーフ“What’s a Collection Anyway?”の公開を紹介しています。

学術図書館においてこれまで重きが置かれていた「コレクション」という概念が、ネットワーク化・分散化され、ライセンス契約による資料提供が進む現在の環境の中でどのように変わりつつあるのかを、変化の要因とそれらがコレクションという概念に与える影響に焦点を当てつつ分析しています。

Legacy Missions in Times of Change:New Issue Brief on Library Collections(Ithaka S+R, 2019/6/6)
https://sr.ithaka.org/blog/legacy-missions-in-times-of-change/

What’s a Collection Anyway? (Ithaka S+R)
https://doi.org/10.18665/sr.311525

参考:
E1605 - 大学図書館のコレクション構築とデジタル・コンテンツ<報告>
カレントアウェアネス-E No.266 2014.09.11

『情報の科学と技術』65巻9号が、「コレクション構築の現在」特集
Posted 2015年9月1日
http://current.ndl.go.jp/node/29333