北米研究図書館協会(ARL)、Wikidataに関するホワイトペーパーを公表

2019年4月18日、北米研究図書館協会(ARL)が、Wikidataに関するホワイトペーパーを公表しました。

図書館員が自館の蔵書や自組織の研究者や機関の情報の世界的な発見を促進するうえでオープンなナレッジベースを利用するための多様な方法を推奨するものです。

WikidataにおけるGLAM分野の活動や、研究図書館での関与の機会について紹介しています。

ARL White Paper on Wikidata Highlights Use of Open Knowledge in Scholarly Communication, Special Collections(ARL,2019/4/18)
https://www.arl.org/news/arl-news/4748-arl-white-paper-on-wikidata-highlights-use-of-open-knowledge-in-scholarly-communication-special-collections#.

ARL White Paper on Wikidata: Opportunities and Recommendations(ARL)
https://www.arl.org/publications-resources/4751-arl-white-paper-on-wikidata-opportunities-and-recommendations#.

ARL White Paper on Wikidata Opportunities and Recommendations [PDF:60ページ]
https://www.arl.org/storage/documents/publications/2019.04.18-ARL-white-paper-on-Wikidata.pdf

参考:
E1517 - 図書館データとWikipediaをつなぐVIAFbot
カレントアウェアネス-E No.251 2013.12.26
http://current.ndl.go.jp/e1517