米・図書館情報資源振興財団(CLIR)、「隠れた特別コレクションのデジタル化助成プログラム」の2018年度の助成プロジェクトを発表

2019年1月3日、米・図書館情報資源振興財団(CLIR)は、同財団が実施する「隠れた特別コレクションのデジタル化助成プログラム」(Digitizing Hidden Special Collections and Archives)の2018年度の助成対象に決定した17のプロジェクトを発表しています。

マイアミ大学図書館・デューク大学・ヒストリーマイアミ歴史博物館・米国デジタル公共図書館(DPLA)による、パンアメリカン航空関係資料のデジタル化及び航空に関するポータルの構築や、ハワイ州立文書館等によるハワイの政府文書のデジタル化、マサチューセッツ大学アマースト校による米国の障害及び障害者の権利運動に関する資料のデジタル化等のプロジェクトが採択されています。

CLIR Announces 2018 Digitizing Hidden Special Collections and Archives Awards(CLIR, 2019/1/3)
https://www.clir.org/2019/01/clir-announces-2018-digitizing-hidden-speci...

Digitizing Hidden Special Collections and Archives Funded Projects 2018(CLIR)
https://www.clir.org/hiddencollections/funded-projects/#2018

参考:
米・図書館情報資源振興財団(CLIR)、「隠れた特別コレクションのデジタル化助成プログラム」の2017年度の助成プロジェクトを発表
Posted 2018年1月10日
http://current.ndl.go.jp/node/35274