“Enabling FAIR Data Project”の推奨基準を満たす研究データリポジトリを検索できるRepository Finderが公開

2018年9月19日、DataCiteが“Repository Finder”の公開を発表しています。

研究者が、自身の研究データを登録するに際し、米国地球物理学連合(AGU)が取組む、地球・宇宙・環境科学の研究データをFAIR原則に合致させることを目的とした“Enabling FAIR Data Project”が推奨する基準を満たしたリポジトリが検索できるもので、AGU・re3data.org・DataCiteにより開発されました。

検索対象は、コミュニティで活用され、研究データをオープンアクセス(OA)で提供し、永続的識別子を用いているリポジトリとなっていますが、適切なリポジトリが見つけられない場合や、追加の基準による検索が必要な場合、研究データリポジトリのレジストリ“re3data.org”に登録されたリポジトリも検索することができます。

Data sharing made easier: use Repository Finder to find the right repository for your data(DataCite,2018/9/19)
https://blog.datacite.org/announcing-repository-finder/

Repository Finder
https://repositoryfinder.datacite.org/

Enabling FAIR Data Project
http://www.copdess.org/enabling-fair-data-project/

参考:
E2052 - FAIR原則と生命科学分野における取組状況
カレントアウェアネス-E No.353 2018.08.30
http://current.ndl.go.jp/e2052

研究データリポジトリのレジストリ“re3data.org”に登録されたリポジトリが1,500件を突破
Posted 2016年4月18日
http://current.ndl.go.jp/node/31360