ドイツ語資料の目録をMARC21対応に - 関係団体から資金援助

ドイツ語圏で刊行された資料の目録をMARC21対応にする取り組みに対し、ドイツ研究協会(Die Deutsche Forschungsgemeinschaft)とアンドリュー・W・メロン財団が資金援助をすることを決めたそうです。

関連記事はこちら
http://www.ddb.de/aktuell/presse/pressemitt_dfg_mellon.htm

http://www2.aasa.ac.jp/org/lib/j/issues_j/metomimi/metomimi.html#20060217