米国図書館協会(ALA)、成人の英語学習者向けサービスを行なう図書館を支援する事業「アメリカンドリームリテラシーイニシアチブ」の成果をまとめた報告書を公開

2018年7月31日、米国図書館協会(ALA)が、「アメリカンドリームリテラシーイニシアチブ(American Dream Literacy Initiative )」の10年間の成果をまとめた報告書“American Dream Literacy Initiative”を公開しました。

同イニシアチブは、ALAがダラー・ジェネラル・リテラシー財団(Dollar General Literacy Foundation)と連携し、成人の英語学習者や基礎教育や労働力開発が必要な成人のためのサービスを拡大する公共図書館に助成を行う取組です。

開始以来、188館に対して約150万ドルの助成が実施され、同イニシアチブによる英語学習者は2万5,000人に達しています。

報告書では、調査結果として、英語学習者が公共図書館を利用する第一の理由は雇用のためであること、助成を得た館ではコミュニティーとの連携が改善したことやプログラムを長期間維持することが可能になったことを指摘するとともに、図書館の利用者数や英語学習ソフトウェアの利用増、チューターのトレーニングやイベントの実施、機器やソフトウェアの購入といった成功例を紹介しています。

ALA report shares findings, illustrates successes from 10 years of the American Dream Literacy Initiative(ALA,2018/7/31)
http://www.ala.org/news/press-releases/2018/07/ala-report-shares-findings-illustrates-successes-10-years-american-dream

American Dream Literacy Initiative [PDF:32ページ]
http://www.ala.org/advocacy/sites/ala.org.advocacy/files/content/ADLI-10-yrs_web.pdf

参考:
アメリカンドリームは図書館から始まる...
Posted 2008年1月23日
http://current.ndl.go.jp/node/7178

American Libraries誌が、図書館の“American Dream Starts”の特集号を公開
Posted 2012年8月1日
http://current.ndl.go.jp/node/21513