新発田市立歴史図書館(新潟県)が7月7日にオープン

新潟県新発田市の広報誌『広報しばた』2018年7月2日号で、2018年7月7日にオープンする、新発田市立歴史図書館が紹介されています。

1984年に足軽長屋をイメージして建てられた、旧新発田市立図書館をリニューアルしたものです。

同館では古文書・書籍・絵図類など、歴史関係の図書約2万点を所蔵しており、今後も歴史や郷土に関する資料の収集・保存を行なっていくとしています。

1階には展示室があり、年4回展示換えを行なって資料を公開するほか、2階には資料閲覧室があり、所蔵資料を利用することができます。

3階には歴史資料を適切に保存できる「特別収蔵庫」があり、見学者用窓から内部を見ることができるようになっています。

今後、地域の歴史に関するイベントや、古文書の読解や城下町のまち歩きなどの講座も開催するとともに、子どもが郷土愛を育む施設となることも目指すとしています。

「特集 7月7日(土曜日)歴史図書館がオープンします」『広報しばた』2018年7月2日号 [PDF:10.8MB]
http://www.city.shibata.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/620/0702-0409.pdf

「【表紙】7月7日(土曜日)歴史図書館がオープンします」『広報しばた』2018年7月2日号 [PDF:4.1MB]
http://www.city.shibata.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/620/0702-01.pdf

新発田市立歴史図書館 オープン前に内覧会 /新潟(毎日新聞,2018/7/4)
https://mainichi.jp/articles/20180704/ddl/k15/040/173000c

参考:
新発田市立図書館(新潟県)、「新発田市立歴史図書館」の整備計画を公開
Posted 2017年2月6日
http://current.ndl.go.jp/node/33393

小諸市(長野県)、小諸市古文書調査室を開設
Posted 2017年1月10日
http://current.ndl.go.jp/node/33223

E1835 - 持続的な地域資料保全活動を行うために必要なことは(米国)
カレントアウェアネス-E No.310 2016.09.01
http://current.ndl.go.jp/e1835