北米研究図書館協会(ARL)、EU一般データ保護規則(GDPR)の図書館への影響に関するイシューブリーフを公開

2018年5月24日、北米研究図書館協会(ARL)が、イシューブリーフ“The General Data Protection Regulation: What Does It Mean for Libraries Worldwide?”を公開しました。

米・ノースカロライナ大学チャペルヒル校図書館の学術コミュニケーション担当ギリランド(Anne T. Gilliland)氏によるもので、EU一般データ保護規則(GDPR)の2018年5月25日の発効を控え、図書館での個人情報の管理方法に関して、図書館における必要な検討を支援するために作成されました。

交換プログラム、留学、客員研究員、サテライトキャンパスといった様々な場面で欧州との関係があることから、大学図書館・研究図書館は、GDPRの要件を満たしている必要があるとし、個人情報の取集・管理・移転の方法の変更や、職員へのプライバシーに関するトレーニングの提供など、図書館に与える影響について指摘しています。

What Does GDPR Mean for Libraries Worldwide? ARL Releases Issue Brief(ARL,2018/5/24)
http://www.arl.org/news/arl-news/4542-what-does-gdpr-mean-for-libraries-worldwide-arl-releases-issue-brief#.WweSO1ISV1E

The General Data Protection Regulation: What Does It Mean for Libraries Worldwide? (ARL)
http://www.arl.org/publications-resources/4543-the-general-data-protection-regulation-what-does-it-mean-for-libraries-worldwide#.WweSs1ISV1F

Isse Brief The General Data Protection Regulation: What Does It Mean for Libraries Worldwide? [PDF:8ページ]
http://www.arl.org/storage/documents/IssueBrief_GDPR_May2018.pdf

参考:
E1801 - 「忘れられる権利」と国際図書館連盟(IFLA)
カレントアウェアネス-E No.304 2016.06.02
http://current.ndl.go.jp/e1801