日販と富士通が書店向けのAIを活用した選書サービス「SeleBoo」を共同開発

2018年5月14日、日本出版販売株式会社(日販)と富士通株式会社が、書店向けにAIが選書を自動で行うサービス「SeleBoo」を共同開発したことを発表しました。

同サービスでは日販が持つ書籍情報や書店販売実績情報に、DBpediaやLod4allなどのオープンデータを組み合わせ、富士通のAIを活用したマーケティングサービスで分析することで、テーマや客層に合った本の選定・リスト化を行うとのことです。また、書店員が選書結果への評価をフィードバックすることで、機械学習を通じAIが選書能力を高めていくとされています。

2018年夏より、日販の取引書店向けにサービス提供が開始されます。当面はキーワード選書(キーワードに関する選書)、キーブック選書(指定した本と似た内容の選書)、地名選書(地域に関する選書)といった機能が提供されます。さらに今後、書店の特徴にあった本を探す書店カラー選書と、表紙の色や被写体から本を探す表紙選書といった機能も開発していく予定であるとのことです。

日本出版販売と富士通、AIを活用した選書サービス「SeleBoo」を共同開発 書店員の知識や感性をAIが機械学習し、売り場の魅力向上を支援(日販、2018/5/14付け)
https://www.nippan.co.jp/news/seleboo_20180514/

日本出版販売と富士通、AIを活用した選書サービス「SeleBoo」を共同開発 書店員の知識や感性をAIが機械学習し、売り場の魅力向上を支援(富士通、2018/5/14付け)
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/05/14.html

書店に合わせてAIが本を選ぶ「Seleboo」 日販と富士通が共同開発(ITmedia、2018/5/14付け)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/14/news100.html

参考:
近畿大学、SNSの投稿内容から性格を分析し、その人の潜在的興味に最も合致する本を紹介するサービスを開始
Posted 2017年6月29日
http://current.ndl.go.jp/node/34270

E1959 - 近畿大学アカデミックシアター:“知の実験劇場”の取組み
カレントアウェアネス-E No.334 2017.10.05
http://current.ndl.go.jp/e1959

近畿大学、SNSの投稿内容を分析し、その人の潜在的興味に最も合致する本を紹介するサービスのスマートフォン用アプリ版を公開
Posted 2018年4月9日
http://current.ndl.go.jp/node/35811