保全・生態学分野におけるAltmetricスコアと被引用数の関係 相関はあるも近年は減少?(論文紹介)

保全・生態学(Ecology and Conservation)分野におけるAltmetricスコアと被引用数の関係を分析した論文” Tweet success? Scientific communication correlates with increased citations in Ecology and Conservation”が、PeerJ誌に2018年4月12日付けで掲載されています。著者はカナダ・アルバータ大学のClayton T. Lamb氏らです。

同論文ではAltmetricスコアを科学コミュニケーションの指標とみなし、その被引用数(Scopusから取得)との関係を分析しています。結果から、保全・生態学分野において、Altmetricスコアと被引用数の間には正の相関関係があったとしています。一方で、2005~2009年に比べて、2010~2015年のAltmetricスコアから被引用数への影響度は下がっているともされています。

Lamb CT, Gilbert SL, Ford AT. (2018) Tweet success? Scientific communication correlates with increased citations in Ecology and Conservation. PeerJ 6:e4564 https://doi.org/10.7717/peerj.4564

参考:
米国情報標準化機構(NISO)、altmetricsに関する定義と使用事例等に関するドキュメントを公開
Posted 2016年9月23日
http://current.ndl.go.jp/node/32588

E1774 - 研究成果の計量的指標に関するガイド<文献紹介> カレントアウェアネス-E No.299 2016.03.03
http://current.ndl.go.jp/e1774

Twitter上での言及数と被引用数の関係 生態学分野の論文の場合(文献紹介)
Posted 2016年11月22日
http://current.ndl.go.jp/node/32974