米・メリーランド大学とホワイトハウス記者協会、米国大統領への代表取材記事のデジタルアーカイブ構築を発表

2018年4月5日、米・メリーランド大学(UMD)は、同大学のジャーナリズム学部(Philip Merrill College of Journalism)・大学図書館・情報学部(College of Information Studies)と、ホワイトハウス記者協会(WHCA)とが連携し、同協会が作成した米国大統領への代表取材記事のデジタルアーカイブを構築すると発表しました。

代表取材による記事は、かつては紙で、現在は電子版で、全ての報道陣に配布されていますが、それら代表取材記事が同大学で保管されるとともに、デジタルアーカイブを通じてオンラインで公開されます。

今後2年間のうちに立ち上げられる予定で、今回の連携では、他にも、教育・研究プログラムの開発や、出版物の作成も予定されています。

UMD, White House Correspondents' Association, and Newseum Partner to Create Archive of Presidential Pool Reports(UMD RIGHT NOW,2018/4/5)
https://umdrightnow.umd.edu/news/umd-white-house-correspondents-association-and-newseum-partner-create-archive-presidential-pool

The WHCA and University of Maryland to Create Searchable Archive of Presidential Pool Reports(WHCA)
http://whca.net/blogs.htm