全米医学図書館ネットワーク(NN/LM)史概説(1985-2015)(文献紹介)

2018年4月に発行された、Journal of the Medical Library Association誌の106巻2号に、全米医学図書館ネットワーク(NN/LM)の1985年から2015年までの動向を概観した論文“An historical overview of the National Network of Libraries of Medicine, 1985-2015”が掲載されています。

著者は、米国国立医学図書館(NLM)のスピーカー(Susan L. Speaker)氏です。

NN/LMは、1965年に創設された、米国の地域医学図書館(室)等によるネットワークで、本文献は、NN/LMの最初の20年間を紹介した1987年の論文以降の、NN/LMの活動の動向を追ったものです。

「地域の医学図書館(Regional Medical Library)」の職員を、NLMの製品やサービスの開発・マーケティング・供給のための「現場の力」として位置付け直したこと、その後、特に公衆衛生分野で学術医療センターに属さない医療従事者へアウトリーチの拡大したこと、1990年代のインターネットの登場にともないNLMやNN/LMのリソースやサービスをウェブ上に移行させ同ネットワークのインターネットへの関与を促進する義務を果たしたこと、増大する国民の需要を満たすために健康情報サービス提供におけるNLMやNN/LMの使命が拡大したこと等が述べられるとともに、主に学術分野の医学研究者を対象としたシステムから、全ての人に健康情報を提供する組織に転換した際に直面した多くの課題について論じられています。

Susan L. Speaker. An historical overview of the National Network of Libraries of Medicine, 1985-2015. Journal of the Medical Library Association. 2018,108(2), p. 162-174.
https://doi.org/10.5195/jmla.2018.297

関連:
Bunting A. The nation’s health information network: history of the Regional Medical Library Program, 1965-1985. Bulletin of the Medical Library Association. 1987, 75(3 suppl), p. 1-62.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC280609/

参考:
NLM、「地域の医学図書館(Regional Medical Library)」を任命(米国)
Posted 2006年5月8日
http://current.ndl.go.jp/node/3889

E243 - 公共図書館の健康情報サービスを支援するウェブサイト(米国)
カレントアウェアネス-E No.44 2004.09.15
http://current.ndl.go.jp/e243

CA1587 - 動向レビュー:米国国立医学図書館と図書館情報学国家委員会による健康情報サービス支援事業 / 酒井由紀子
カレントアウェアネス No.287 2006.03.20
http://current.ndl.go.jp/ca1587

3.4 NLM(米国国立医学図書館)の動向と「長期計画2006-2016」 (図書館研究シリーズNo.40「米国の図書館事情」)
http://current.ndl.go.jp/node/14379